バッチバチのオーラス勝負!「俺にはトップを持ち帰りたい理由があるんだよ!!」担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 11/30 鈴木たろう VS 松ヶ瀬隆弥 VS 松本吉弘 VS 滝沢和典】

バッチバチのオーラス勝負!
「俺にはトップを持ち帰りたい
理由があるんだよ!!」

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2023年11月30日

第1回戦

東家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ
南家:松ヶ瀬隆弥EX風林火山
西家:松本吉弘渋谷ABEMAS
北家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘俱楽部)

あまりにもシビアな面子だ。

ゆえに、と言うべきか、

トップの行方は、オーラスまでもつれ込んだ。

この局、いきなりターニングポイントが来たのは、3着目の松本だった。

第1ツモで、

重なった【南】が、

2巡目に放たれる。

これを松本は、

横目で見送った。

松本はトップまで6200点。

1本場があるので、1000-2000は1100-2100でギリギリかわすことが出来る。

【南】を仕掛けて、単騎など「【1ソウ】を縦に2枚以上」使って逆転ルートもあるにはある。しかし、ドラが枯れてしまうと、どうにもならなくなってしまう。

リーチツモ+1ハンで条件はクリアだ。

ドラを123のメンツで使う、【南】をアンコにする、778899の一盃口、赤引きやドラ縦引きなど、あらゆる打点の可能性を残し、松本はいったん門前で進めることを選んだ。

次巡には、

【5ソウ】を引いて、この形に。ソウズの一通も見えてきた。

松本は4着、4着ときて、この試合を迎えていた。

特に今週月曜日は、今季初勝利をあげた日向からのバトンを受けて出場し、痛恨のラスを引いていた。

また、チームメイトの白鳥も不調にあえいでおり、この日まで3連敗。

大黒柱の多井はというと、

11月はシーズンオフのようだ。出場は、なんと0。

ならばここは、松本がなんとかしたいところだ。中盤戦で、ずるずるポイントを減らすのはまずい。

局面が動いたのは、7巡目。

場にドラが放たれた。

打ち出したのは、

滝沢だった。【5マン】を引いて、形は十分。

KONAMI麻雀格闘倶楽部とて、実は安泰ではない。

今季は華々しいスタートダッシュを決めて、ぶっちぎりだったはずが、

今日、始まる時点でこのポイント。いつの間にか集団に飲み込まれている。

特に11月は苦しかった。なんと、チームでトップがわずか1回。

そのトップをとったのは滝沢だった。

この日、やや間隔が空いての登板となった滝沢。

微差のトップ目で迎えたこの半荘は、アガリを重ねて勝利を持ち帰りたいところだ。

そこへ、

「ポン」

動いてきた選手がいた。

たろうだ!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/