満たせなかった渇き 勝利に飢えた後藤咲 運命の南2局 #麻雀最強戦2022【 #女流プロ最強新世代 】観戦記【A卓】担当記者 #後藤哲冶

後藤がここから【3ピン】を勝負。
強く前に出る。この最強戦予選の1局戦において、勝負所を見極める力は非常に重要。
後藤はここを勝負所と見た。

テンパイ。【發】も勝負して、後藤が追い付いた。
ホンイツホンイツ。しかし打点も待ちも、高津が有利。
ここは高津の巻き返しになるかと思われたが。

【發】を鳴いてテンパイを入れていた蒼井の当たり牌を、高津が掴んでしまう。
戦う姿勢を見せてはいるものの、結果がついてこない。
高津にとっては苦しい展開が続く。

東4局親番を迎えた高津。

苦しいながらもドラのペン【7マン】待ちのテンパイ。
これもリーチに打って出る高津。戦闘民族の末娘の名に恥じぬ戦いっぷりといえよう。
3枚山にある。ツモって嫌な展開を払拭したいところだが。

なかなか高津がツモれずに進み、12巡目。
後藤の手が止まる。
素直に打つなら【3ピン】だが、通っている牌ではない。
それにドラもなく、【3ピン】を切ったところで親に勝負するような手牌にはならなさそうだ。

後藤の選択は打【2ピン】
通っている【2ピン】【1ピン】を切って、ここは一旦迂回。

【8ピン】を引き入れる。
この時後藤は間違いなく【6ピン】【9ピン】の待ちが優秀かどうかを考えていたはずだ。
【6ピン】【9ピン】を引けば、高目イーペーコーの平和テンパイ。
これなら親に押す価値が生まれる。

引き入れた!
迷いなく【4ソウ】を横に曲げる。
この待ちなら戦えるともう前巡から判断していたのだろう。
それぐらいリーチへの動作に淀みが無かった。

そしてこれを高津が一発で掴んでしまう。
高津は3枚あったペンチャンをツモれなかった上に、一発で放銃という苦しい展開。

望外のウラウラ……!
後藤にとっては大きなアガリとなった。
高津は不運だったが、これは回り切って仕留めた後藤を褒めたい。

南1局はここまで苦しい展開の高津が、蒼井の2巡目リーチに正面から向かって行って1000、2000のアガリ。

勝負は南2局に移る。

そしてこの南2局が……後藤の運命を分ける局になる。

親の蒼井と高津の2人テンパイで流局。1本場は、5巡目に親の蒼井がドラ3を抱えたリーチを打つも、これも不発。
蒼井としては他の手順であればほとんどアガれていたであろうこの局は悔しかったはずだ。

そしてこの流局の中、後藤は必死にもがいていた。
後藤だって分かっているのだ。
現状3番手にいる蒼井の親を流さなければいいけないことは。
この親を切らなければ、自分の勝利が無いことは。

もがいてももがいても出口が見つからない。
自らが渇望する勝利へ近づかない。

そんな息苦しい流局の中、南2局は、2本場へ。

ようやく後藤にかわせそうな手が。
【白】を鳴いて、後藤がこの親を終わらせに行く。

安全牌候補として置いておいた【南】が、重なった。
しかしこれは2枚切れ。手に使うとなると少し苦しい。
何を、切るべきか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \「麻雀最強戦2022」DVD新刊予約受付中!/