小林剛、全開! チンイツドラ押し、それゆけわれらのバトルロボ【Mリーグ2021観戦記1/13】担当記者:東川亮

時間はかかったがハイテイでツモ!
タンヤオハイテイチンイツ、3000-6000は3100-6100!

コバゴーがハネ満以上の高打点を決めるときは、だいたいドラを大量に使うか、リーチしてツモっている印象。こういうハネ満は結構珍しい気がする。

南2局のコバゴーは、4巡目にこの形から【6ピン】を切った。【6ソウ】を切ればリャンメンリャンカンの1シャンテンだが、少し狭く受けた形だ。ソーズの変化も視野に入れたのかなと思ったのだが、コバゴーによると「カン【3ピン】待ちリーチで行こうと思って【6ピン】を先に切った」とのこと。この辺もバトルモードな選択である。

狙い通りのカン【3ピン】待ちテンパイ。だが局も中盤、他からのリーチもありそうだということで、ダマテンに構える。このままの出アガリでもイーペーコードラ赤の5200と、打点もそこそこだ。

コバゴーの予測が的中する。ペン【7マン】待ちテンパイを外した多井が、感触十分の【3ピン】【6ピン】【4ピン】待ちリーチ!

そこへ一発で引いてくるドラ。オリようにも手の内に安パイはゼロ。ならば自己都合と言いたいところだが、ドラでの一発となればどう考えても高い。しかも自身はトップ目である。

行ったー!
コバゴー、ドラ切り【1マン】でバトルモード全開だ! 【1マン】がドラじゃないならおそらく【1マン】切り。だったらドラでも【1マン】切りだ!

現物が増えても手を崩さずに突っ張る。ここで多井のリーチに競り勝てればトップは目前だ!

さらに親のブルーヘアー東城がピンフ赤のリーチで追撃! 勝者は・・・

パイレーツファン「われらのコバゴー!」
多井のアガリ牌【3ピン】をツモっての2000-4000が、この試合の決定打となった。

コバゴーは笑う。自分の勝利がうれしいのではない。

ファンに勝利を、そしてレギュラーシーズン首位に立つパイレーツの姿を見せられることがうれしいのだ。もちろん、大事なのはシーズンの最後に一番上にいることだ。だが、今だけはこの喜びを分かち合いたい。コバゴーは、そんな心優しき船長なのである。

しばしチームの勝利を噛みしめ、麻雀バトルロボ・コバゴーは次なる強敵との戦いに備える。首位に立ったU-NEXT Piratesの、明日はどっちだ。

「バトルモードだ!」とか書いていますけど、何かを切り替えている意識は、本人の中では全くないと思います。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!