実現確率は約0.1%! 朝倉・村上・近藤・日向による「最高位戦ドリームマッチ」【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

実現確率は約0.1%!

朝倉・村上・近藤・日向の

「最高位戦ドリームマッチ」

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年12月5日

12月5日、Mリーグ第41節。

この日の第2試合は、

朝倉康心村上淳近藤誠一日向藍子の組み合わせとなった。

このカード、実は非常に珍しい組み合わせである。

実は4人とも最高位戦日本プロ麻雀協会の選手なのだ。

これに気付いた人は立派な麻雀ファン。

麻雀格闘倶楽部TEAM雷電サクラナイツ・風林火山の選手は全員が日本プロ麻雀連盟所属のため、この4チームの組み合わせでしか、最高位戦同士の対決は生まれない。

単純計算すると、その確率は約0.1%!

まさに最高位戦ドリームマッチとも呼べる対局は、村上の元気な声で幕を開けた。

両面と3面張のイーシャンテンから、ドラのを重ねて…

「リッチ!!」

普段は混沌としているコメント欄も、この瞬間は一致団結する。

そう、リッチは世界を救う平和の呪文なのだ。

2巡後にツモアガリを決めると、裏ドラはまたしても

村上が3000-6000のスタートダッシュを成功させた。

続く東2局の親番も、勢いに乗って元気良くリーチ。

このまま独走態勢か?

しかしそこに待ったをかけたのは、前節で初トップを取った朝倉。

今日も引き続きメガネをかけての登板となった。

村上の親リーチを受けた直後に朝倉もテンパイ。

無筋のを勝負してリーチに行く人が多いだろう。

しかし、朝倉の選択は打。三色確定の単騎に取った。

が3枚見えで、比較的当たりにくい牌だ。

ドラがであるにも関わらず、対面の近藤が第1打にを打っている。

さらに村上も9巡目にをツモ切っている。

この僅かな情報からが山に残っていると読み、単騎待ちを選択した。

この局は流局に終わったが、テンパイ料はキッチリ獲得。

村上も「そうか…(テンパイされたか…)」と思わず心の声を漏らした。

それでも村上の勢いは止まらない。3局連続のリーチで攻め立てる。

さらにこの局は日向も参戦。高い声でこちらも「りっち!!」

朝倉は村上の当たり牌であるが浮いている形。

良形だらけの満貫イーシャンテン。勝負したくなるような手だが…

ここは冷静にを抜いて撤退。

心なしか、朝倉の打牌に余裕が出てきたように感じる。

初トップを取る前の精神状態だったら、勝負していたかもしれない。

己の読みを信じ、常にその状況下における損得のみで選択を下す。

「トップ無し」という外的要因が外れたことで、昨シーズン個人4位にまで登り詰めた、本来の朝倉が戻ってきたようだ。

村上のターンが終わり、今度は朝倉のターン。

これまでの9戦分の苦労が嘘のように手牌が軽い。

迷うことなく綺麗なメンタンピンのアガリを決めて4000オール。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!