おう オレは園田賢 あきらめの悪い男【Mリーグ2022-23観戦記12/8】担当記者:東川亮

おう
オレは園田賢
あきらめの悪い男

文・東川亮【木曜担当ライター】2022年12月8日

大和証券Mリーグ2022-23、危機的状況を迎えている赤坂ドリブンズ。12月8日の試合が始まる前の段階ではマイナスが400台後半まで膨らみ、第1試合は鈴木たろうが劣勢を跳ね返して2位で試合を終えたものの、依然最下位という状況は変わらない。

第2試合に出場した園田賢は、東1局の親番で2局連続満貫をツモり、早々に3万点以上のリードを築いた。しかし、対戦相手はMVP経験者2名に歴代最高スコア記録保持者である。果たして園田は、ここからチームにトップを持ち帰ることができたのだろうか。

第2試合
東家:園田賢(赤坂ドリブンズ) 
南家:魚谷侑未セガサミーフェニックス
西家:黒沢咲TEAM雷電
北家:多井隆晴(渋谷ABEMAS)

東1局2本場。魚谷は4巡目の1シャンテンを取らず、【1マン】【2マン】のターツ落とし。【4ソウ】【6ピン】が暗刻で、横の牌を引けばより良い受けができるため、この巡目のペンチャンターツは不要。【2マン】を重ねてのタンヤオリーチでもOKだ。

【7ピン】引きはうれしい変化の一つ。これで678三色も狙えるようになった。

しかしこの局の先制は多井。【3ピン】切りでの【1ピン】【4ピン】待ちに取らずに【2ピン】【發】のシャンポン待ちとしたのは、【1ピン】【4ピン】の高目【4ピン】が2枚切れ、【發】の打点的メリット、【2ピン】の狙い目具合などがあるだろう。

追っかけリーチの園田が【發】をつかんでしまい、

裏ドラは乗らずとも、2600は3200。リーチ棒も合わせ、じわりと園田に迫る。

東2局「麻雀星人」がさらなるすごみを見せる。【8ソウ】が重なってチートイツ1シャンテン、ドラドラ赤で打点は十分、さらにはトイトイや、究極的には四暗刻も見える形。ここから何を切るか。

ぐるっと卓内を見回して情報を精査し、多井が選んだのは

【赤5ピン】。トイツ手と考えた際、他者に持たれていて最も重なりにくく、後に打ち出すとしても危険な牌だと見たか。とは言え打点的なメリットやメンツ手なども考えると、残したくなる牌ではある。

次巡、園田がイーペーコーのカン【5ピン】待ちでテンパイ。多井としては、一手早くロン牌を処理できていた形に。

多井はメンツ手にも行ける形を保っていたが、【2マン】を引いて暗刻の【4ソウ】を切り、チートイツへ。

テンパイするやいなや、残した【2マン】をツモって2000-4000。精度の高いチートイツで、園田を追撃する。

続く東3局。自風の【南】を鳴いていた多井は、上家の黒沢から打たれた【發】をスルーすると、【9ソウ】を引き入れて1シャンテン。最終的にはドラの【白】を打ち出すことになりそうだが、中盤以降に安手を目いっぱいに構えるようなことはしない。【4マン】を打ってあくまでもスリムに構える。

そして、テンパイしたら打つ。序盤にピンズやソーズを赤含みでバラバラと切り、【4マン】にドラ【白】と手出ししていることで、相手からはかなりホンイツを警戒されそうな河を作っている。このあたりの工夫もさすがだ。

園田は元よりオリ気味、魚谷もチートイツでテンパイしたが、ドラなし赤なし待ち悪し、テンパイ打牌もマンズになるということで、テンパイを取らない。アガリにせよ一人テンパイにせよ、多井の思惑通りに事が進んでいるように見えたが・・・

黒沢がギリギリでテンパイを入れて連荘。やはり、一筋縄ではいかないメンバーである。

東4局、園田は1巡目から自風【南】をポン。形が整っていることもあり、積極的に仕掛けていく。2番手・多井の親番は、一刻も早く終わらせたい。

もう一つ仕掛けてテンパイ一番乗りを果たすと、あっさりツモって400-700。多井の親を落として局を進める。

流局で迎えた南1局1本場。中盤に差し掛かるところで、園田の手は赤含みの好形が残った1シャンテンに。

ただ、既に役なし単騎テンパイを入れていた黒沢が、亜リャンメンになる【8マン】を引き入れて待ち変え、ピンフがついて出アガリができるようになる。とは言え、狙いはやはり789の三色だろう。

1シャンテンだった多井がツモ切ったドラ【8ソウ】を魚谷がポン。どんどん場が煮詰まっていく。

魚谷のドラポンに対して【赤5ピン】をツモ切っていく黒沢を見て、多井は撤退。

逆に、園田はそこへ突っかかっていった。魚谷の【4マン】暗槓で裏ドラが2枚見られる状況。全員がピンズの下をバラバラと切っており、感触が良さそうな【1ピン】【4ピン】待ちでリーチをかけて勝負。

園田のリーチは黒沢にとって、ピンチであると同時に直撃チャンスでもある。ツモ切りで追っかけリーチ。ただ、この時点で園田の【1ピン】【4ピン】が山に5枚残りなのに対し、黒沢の【5マン】【8マン】待ちは1枚しか残っていなかった。5対1で1が勝つケースも麻雀なのであるにはあるが・・・

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊