麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「手役の魔力」観戦記【決勝卓】最強戦史上初パーフェクト!岩崎真が仕掛けた大胆かつ緻密な魔力

…しかし、他家から見たらこの仕掛けはどう見える?

「岩崎がカンをチーした…。聴牌は間近だ!」

と思ったに違いない。

現に井出は岩崎の圧に耐え切れずにピンフノミのリーチを打った。

もはやさっきまでの大三元を狙った男とは思えないリーチだ。それだけ岩崎の幻の聴牌が恐ろしい。

親の松ヶ瀬も対応してしまい、ノーテンで親が流れてしまう。

流局流局の荒らしで、7本場で南場を迎えてしまう。この間にも岩崎はちゃっかり聴牌を入れて流局してノーテン罰符を貰って差が広がっている。

にも拘わらず南1局にはこのアガリ。

タンヤオのみ1300は3400。供託も4本ついているのでマンガン級のアガリだ。

対戦者の心が折れてしまわないか心配だ。

南3局の松ヶ瀬の親番では、松ヶ瀬のらしくないリーチも見えた。

普段の松ヶ瀬ならば、間違いなく打を打ってイッツーか三色の6000オールを狙いに行ったはずだ。

しかし、点差が開きすぎたがゆえに手牌進行にゆとりが無いリーチを打ってしまう。

このリーチがうれしいのが岩崎だけだと気づいているのにも関わらず、打ってしまったリーチだと思った。

その松ヶ瀬の親番も岩崎が自力でけり、オーラスもこのアガリ。

タンヤオツモドラ3のマンガン。

何とこの半荘アガったのは岩崎だけ。3人をヤキトリにするという伝説を作っての完璧な勝利となった。

優勝は岩崎真!

プロ歴は五年と浅いものの、その巧みなゲーム回しと手役で見事な勝ち上がりだと思った。

まさに題名にふさわしい手役の極みだと思った。

プレミアトーナメント決勝でもこの腰の重さと、ゲームメイクを活かせれば決勝はすぐそこだと思う。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!