そう、あのオーラス── 誰もが夢を見たんだ。 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 3/21 浅見真紀 VS 本田朋広 VS 猿川真寿 VS 魚谷侑未】

そう、あのオーラス──
誰もが夢を見たんだ。

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年3月21日

東家:浅見真紀赤坂ドリブンズ
南家:本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)
西家:猿川真寿BEAST Japanext
北家:魚谷侑未セガサミーフェニックス

レギュラーシーズンは最終盤へ。

セミファイナルへ進出できるのは、6位まで。

最後の椅子を争う、7 8 9位の激闘。

この試合のオーラスは、見る者の目をとらえて離さなかった。

トップ目でこの局を迎えたのは、

9位フェニックスの魚谷。

序盤から臆さずに、まっすぐ進めて、

迎えた7巡目。

魚谷は、

魂を込めて、【東】を河に放った。

アガるなら、高く。

トップなら、大きく。

守備駒とともに恐怖心を切り捨てた魚谷は、

11巡目には、タンピン含みのイーシャンテンを組んでいた。

一方、2着目は、

7位BEASTの猿川。

欲しいのは、5200以上の出アガリと、800-1600以上のツモアガリ。

配牌は、

まばらな数牌群の左にそびえ立つ、【北】のアンコが心強い。

一途に材料をかき集め、

中盤を終える頃には、イーシャンテンへとこぎつけた。

そして、3着目、


雷電の本田。

2巡目に、

この形を手にしていた。自風の【西】がアンコで、他にトイツが3つ。

縦の手を本線に、本田はペンチャンを落としていった。

次の手番で、

【1マン】がアンコに。

胸をざわめかせるツモだ。

だが、ここからがなかなか進まない。

中盤には、2枚切れとなったドラをリリース。ここでもまだリャンシャンテンのままだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/