麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「手役の魔力」観戦記【B卓】足搔く森下と浅井、盤石の平賀と岩崎、明暗が分かれたゲームプラン

が…。この手が入った時に即リーチを打つのかは少々微妙だ。裏が無ければリーチの2600点。

点数が無いから鳴きたくない。だが、岩崎に加点されるのはもっとマズい。浅井は瞬時に鳴いて無筋のを軽く押した。

反撃ののろしを上げたのは浅井。400-700と安い打点ながらも岩崎のリーチを交わした。

A卓と同様に誰も3万点を超えていない状況で南場を迎えた。

 

南1局2本場 供託2本

またもや浅井が動く

なんだか浅井の事ばかり書いているが、積極的に場を動かしているのは間違いなく浅井だ。

なんとしても2000は2600。そして供託2本の2000点。合計4600点が何が何でも欲しい。

しかし、真逆な考えをしている男がリーチを掛ける。

岩崎だ!

岩崎としてはこんなカンでリーチはしたくはないし、供託もそこまで欲しくはない。

欲しくは無いが…。他家にあげたくない!なら自分で回収したほうが無難だ。

おそらく供託が無かったらこのリーチは掛けてないのではないだろうか。

これをツモる岩崎。500-1000の二本場に加えて供託もさらえたのは大きい。しかも微差ながらこれでトップ目にも立てた。

南2局では平賀があっさりマンガンツモ!

これまで放銃なしで耐えてきた平賀。南2局でこの加点は勝利を決定づけたか?

 

南3局

ここでこれをご覧くださっている皆様に質問だが、岩崎のこの手牌で何を切りますか?

手牌としてはドラ3、絶対にアガリたい。切る候補としては、落とし。あるいは切りだろうか。タンヤオをより強く見るのならばマンズ切りになるのだろうと思う。

だが岩崎は第三のルートを見せる。

。岩崎にとってはの受けとタンヤオの鳴きよりもが良く見えたという事だ。

は100%山にいる…。

を引いてリーチを打った場合、

親の浅井もを切っているから出すだろう…」

おそらくこのような思考が頭の中で繰り広げられたことだろう。

上家の森下からを切られた直後、を引いて聴牌をした。タンヤオを狙った場合を鳴いてを聴牌していたが、岩崎はこの待ちの方が強いと思ったのだろう。

これに放銃したのが平賀。

 

をチーして打で放銃した場合、

という形か三色が絡まない限り安い。

なら、一発も消したしぐらい押すか!

という押しがまさかのズドン!なんとマンガン。

トータル二着は平賀になり、浅井は跳満。森下は1300-2600の条件が残った。

 

南4局 森下の迷い

森下がダブをポン!

あくまでも私の目からだが、森下のポンの発生は若干遅かった。恐らくは迷ってはいたが、体が勝手に反応してしまったのだろう。

こうなってくると、トイトイホンイツ。または一つ暗刻にしてドラのをツモれば1300-2600で逆転だ。3900直撃でも逆転だが、それはあまり期待しずらい。

が上家の平賀から切られた!ポンするか…?ここで長考。

鳴いたらトイトイを引いてのドラツモ条件になる。私は止まった以上は鳴くべきだと思った。

こんなに迷った挙句に鳴かないのならば、相当条件がきつく見えるからだ。

しかし、森下はスルー。

そして、すぐに岩崎がピンフをツモ!

これで勝ち上がりは平賀と岩崎に決まった。

森下も手牌はきつかったが、浅井はもっとひどかった。本来の実力を見せれずに終わったことは悔しいと思う。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!