【 #神域リーグ2023 セミファイナル第1試合観戦記】幾千の苦悩も、数多の後悔も 歌衣メイカは越えたから ――痛快に笑い飛ばせ!【文 #後藤哲冶 】

幾千の苦悩も、
数多の後悔も
歌衣メイカは越えたから
さあ、喉を枯らす
準備はいいか?
――痛快に笑い飛ばせ!

神域リーグ2023は、10節に渡るレギュラーシーズンが終了し、セミファイナルへと突入した。

スコアと、システムをおさらいしよう。
レギュラーシーズン1位のヘラクレスは一足先にファイナル進出決定。
2位~5位のチームでセミファイナルを行い、3試合を終えた時点で最下位のチームのみ、ファイナルには行けず敗退が確定する。

そしてこのセミファイナルのスコアは、ファイナルには持ち越さない。(個人成績には反映される)

つまりは、セミファイナルは5位のチームに与えられた最後のチャンス。
敗者復活戦というわけだ。
現状5位はチームゼウス。4位のグラディウスとのポイント差は57.9pt。一度のトップラスで100pt近くひっくり返ることを考えれば、決して無理な点差ではない。

現状3位のチームアトラスは、ほぼ通過はできそうではあるが、完全な安全圏ではなかった。
全員がラスを引いてしまうと、敗退の可能性が出てきてしまう。逆を言えば、一人でも1位や2位をとればほぼ通過だ。
初戦に出場するのは、歌衣メイカ。昨年のMVPでありながら、ここまでなかなか成績が伸びておらず、個人17位に沈んでいる。

苦しい期間も、歌衣は麻雀を打つことを欠かさなかった。
時には、昨年ゼウスに所属していた鴨神にゅうに教えを乞い、雀力の向上に努める姿もあった。
豪快で、奔放。そんなイメージが先行しがちな歌衣だが、その実、麻雀に対する姿勢と想いは本物だった。

前節。チームメイトの咲乃の連勝に続きたかったが、歌衣は無念のラス。
後悔は無いとは口にしながらも、その声には確かな悔しさが滲んでいた。

もう、ラスはたくさんだ。
トップでなくとも2着なら、アトラスの通過は確定する。しかし、来るファイナルのためにも、弾みは付けておきたい。
自分のために、チームのために。

歌衣がセミファイナルの舞台に挑む。

セミファイナル第1試合
東家 天宮こころ (チームゼウス)
南家 風見くく  (チームグラディウス)
西家 歌衣メイカ (チームアトラス)
北家 渋谷ハル  (チームアキレス)

東1局は流局で、東2局1本場

歌衣にピンズが多い手牌が入った。
西や北を仕掛けていけば、アガれそうな手牌に見える。

【西】とか【北】鳴いても良いんだけど、役が(ホンイツの他に)無いんだよね」

歌衣は冷静だった。【西】【北】を鳴くと、このままではホンイツのみ。2000点になってしまう。
であれば、焦って鳴くのではなく、ドラ引きやメンゼンで手を進めるまで待つという判断。

狙い通り、ドラの【8ピン】を引いてきた。【4マン】を切ってホンイツに舵を切る。
これで鳴いても3900。ある程度の打点は確保できた。

風見から、【2ピン】が出る。
現状歌衣は【1ピン】【2ピン】【4ピン】【7ピン】【西】【北】の受け入れ。メンゼンでもテンパイはできそうだが。

ここはポンしてテンパイをとった。
ドラを引いて3900になっていること、【西】【北】いう字牌が待ちとして優秀なこと。【1ピン】が3枚切れてしまったこと。
そして何より、チームは2着以上なら通過が確定すること。様々な要素が重なって、歌衣にポンをさせた。

これを、渋谷から捉えて先制。3900のアガリ。
こうした局面に合わせた選択をできるのも、歌衣の強み。

「でも足りねえなあ~?」

チームのために。わかってはいるものの、内なる歌衣の魂は3900程度で満足なんぞするはずもなく。
歌衣が、挑戦的にニヤリと笑って見せた。

東3局

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/