その1牌を止めるか、打つか 堀慎吾、勝利をもぎ取る精密な押し引き【Mリーグ2023-24観戦記 11/24】担当記者 東川亮

その1牌を止めるか、打つか
堀慎吾、勝利をもぎ取る
精密な押し引き

文・東川亮【金曜担当ライター】2023年11月24日

大和証券Mリーグは、今や100万視聴は当たり前、試合によってはレギュラーシーズンの前半戦でも200万視聴に届くという人気コンテンツになっている。
見る人の理解度もそれぞれで、何を目的に見るかは人によって大きく異なるし、視聴者の数だけ見方があっていい。

もちろん、なかにはトッププロの妙手を見たいという上級者もいるだろう。そういう層の支持を集める一人が、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾。際どい選択でこともなげに正解を選び続けるこの男の麻雀が、晩秋の夜に冴え渡る。

第1試合

 

東家:瑞原明奈U-NEXT Pirates
南家:日向藍子渋谷ABEMAS
西家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
北家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)

試合は序盤から大きく動く。
東2局、親の日向が瀬戸熊・堀のリーチに押し切って瀬戸熊からタンヤオ三色ドラドラ、12000を出アガリ。

次局はドラ暗刻の瀬戸熊が待ち頃の単騎でリーチをかけ、瑞原から打ち取って8000は8300。点数が激しく行き来する展開となる。

迎えた東4局、堀が【中】をポン。手には【白】2枚【發】1枚と、最高形で大三元を夢見たくなる形だが、瀬戸熊が既に【發】【白】と1枚ずつ切っていて、さすがに遠い。

・・・おや?
【發】が重なった。こうなれば、すでに【白】【發】が1枚見えていることが鳴きやすさにつながるかもしれない。終盤なら警戒されて出ないかもしれないが、中盤までならあるいは。

そして【5ピン】をチー。マンズを払えば高目大三元の1シャンテン。

しかし、堀は【9ソウ】を切った。局は中盤、大三元に必要な【白】【發】【9ソウ】は全部場に1枚切れで、高打点のロマンこそあれ、アガりに行くには心許ない。そして接戦の状況下では、満貫でも十分に価値がある。堀は夢のある最高打点より、より確実性の高い満貫に照準を合わせた。

すぐに【5マン】を引いて【白】【發】待ちテンパイ。【9ソウ】トイツ落としでテンパイには見えるだろうが、それにしたってこの待ちはなかなかに想定しにくい。

ドラ暗刻の瑞原は、さすがに3段目とは言えこの【發】を止めるわけにはいかなかった。

【發】【中】小三元赤、8000のアガリで堀が日向の後ろにピッタリとつけ、試合は南場へと進む。

南3局
早々に十分形の1シャンテンになっていた日向が、【1ソウ】を暗槓。

数巡後、カン【8ピン】を引き入れて【3ピン】【6ピン】待ちのリャンメンリーチをかけた。アガればリーチ赤、70符2翻の4500点からで堀を逆転、トップ目でオーラスを迎えられる。

直後、カン【4ソウ】待ちの役なしテンパイを入れていた堀が、【5ソウ】を引き入れて少考に入った。
一見、【2ソウ】を切れば123のピンフ三色に見えるが、高目【1ソウ】は日向にカンされていて山にはもうない。ただ、それでも役ありテンパイの価値を重く見て【2ソウ】切りとする手はあるし、【2ソウ】【5ソウ】待ちでリーチをかける手もある。どちらも勝負の一打だ。

しかし、堀の選択は日向の切っているドラ【6ソウ】のスジ、【3ソウ】切りのダマテン。ツモればアガれるが、役がないので出アガリはできない。ただ、リーチをしないことには大きなメリットがある。

さらなる選択を行えることだ。テンパイを維持していた堀の元に訪れる【3ピン】。これが山に残った日向の待ちの、最後の1枚だった。

堀は打たない。この1牌を止めるために、リーチをかけなかったのだ。自身の手や場の状況、放銃リスク、放銃時の失点、そして巡目。さまざまな条件を加味して、堀は最善手を選び続ける。止めたのがロン牌【3ピン】だったのは偶然かもしれないが、この絶妙なバランス感覚が、堀が強者として高く評価されるゆえんだ。

この局は日向の1人テンパイで流局。堀にとっては考え得るなかでもっともマシな結果に終わり、オーラスを迎える。

そして堀の鋭さは、最終局面でもしっかりと発揮された。親番の瀬戸熊が【南】ポンから【7マン】【6マン】とリャンメンターツを手出ししてきているのを見て、出来メンツの【7マン】を抜き打つ。日向と堀の2人がアガリトップという状況、自らの手でケリをつけたいのはやまやまだが、形がよくない。一か八かのリーチという選択をしない以上、ここはアガリに向かう瀬戸熊に対して一度は譲る格好になった。

瀬戸熊は【1ピン】をポンしてテンパイ、【8ピン】を切って【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちに。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/