稀にみる接戦を制した堀慎吾、連闘権を行使してつかみ取った同日連勝と四者の織り成すアヤ【Mリーグ2023-24観戦記 11/24】担当記者 千嶋辰治

稀にみる接戦を制した
堀慎吾、連闘権を行使して
つかみ取った同日連勝と
四者の織り成すアヤ

文・千嶋辰治【金曜担当ライター】2023年11月24日

麻雀は、富める者が富み、貧しき者が貧しくなる「経済」のゲームだと誰かが言った。

点数に余裕のある者は「勝負から降りる」ことが許される。
テンパイ料を支払うか、ツモられた分の点数を支払えば、真っ向から相手に対峙しなくても済む。

では、点数を持たない者はどうか?
そう多くはないチャンスを見極め、機と観れば身を捨ててでも前へ出なくてはならない。
終盤になればなるほど無茶で不合理な戦いを強いられる。
返り討ちに遭えばさらに傷は深まり、あるいは致命傷を負いかねないだろう。

どちらが有利か?
それはもちろん、選択の余地がある「富める者」のはずだ。

しかし。
時として、持たざる者が持つ者を逆転することがある。
だから、麻雀は面白い。

第2回戦

東家:萩原聖人TEAM RAIDEN / 雷電)
南家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
西家:白鳥翔渋谷ABEMAS
北家:小林剛U-NEXT Pirates

第1試合で接戦をものにした堀が、連闘権を行使して臨んだ第2試合。
終盤に差し掛かる南2局を迎えた時点でトップ目を走っている。
2番手の萩原や3番手の白鳥とはマンガン圏内だが、第1試合のトップもあって、「富める者」は充実した精神状態。
デイリーダブルに胸が弾んでいることだろう。

ご覧のとおり満面の笑みを湛えて迎えた南2局
1巡目に親の堀から切りだされた自風の【北】を、萩原が元気良く仕掛けた。

すると、それに呼応するように堀も【發】を叩いて前へ。

ここで、現在3番手の白鳥の手牌を観てほしい。

赤ドラを2枚抱えているが、捌きが難しい手格好。
ここに、3枚目の【3マン】を引いてきた。

「要りますか? 要りませんか?」

解説席でもすぐに答えが出なかった難問。

白鳥は場を見渡して、

【3マン】をツモ切った。
チートイツにもメンツ手にも対応できる柔軟な対応。
この【3マン】先切りが秀逸だった。

序盤のマンズの切れ方からまだ【3マン】が山にいると読んで、【3マン】待ちのペンチャンターツを手厚く抱えてしまう。

この巡目でメンツづくりに大切な【3マン】が暗刻から切られるのはレアケース。
白鳥の捨て牌もチートイツと断定しづらいため、萩原は読みを狂わされている。

と、ここでファーストテンパイを入れたのは小林。

元チームメイトであり、小林の打ち筋を良く知る解説の石橋伸洋氏が「リーチでしょ!」と訴えたこの手。
萩原、そして親の堀が役牌を叩いていて、スピード決着の可能性が高い場面。
ドラトイツ、そして赤ドラまで抱えていて打点も十分で、ストレートにぶつけてくる手はあるように思われたが、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/