園田賢、マジシャンの面目躍如!! スピードと配牌力で、2連勝&4勝目!!

園田賢、

マジシャンの面目躍如!!

スピードでと配牌力で、

2連勝&4勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕48日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。流局なしの全8局というスピーディーな試合となった第2試合。園田が半分の4局を、1人でアガリ切って個人2連勝となる4勝目をつかんだ。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗TEAM雷電萩原聖人、そして園田の4名。

東1局、北家・沢崎がピンフタンヤオ・ドラ1・赤1の【2マン】【5マン】待ちでリーチをかけるが、これはフリテン。

伊達はピンフイーペーコー【4ソウ】【7ソウ】待ちをヤミテンに構える。

が、アガったのは園田。間隙を縫って【中】を鳴くと、赤2の【6ソウ】【9ソウ】待ちテンパイ。【9ソウ】を沢崎から仕留めて3900点。

東3局には1000・2000のツモアガリを決めて、園田のリードで迎えた東4局。萩原がドラ2・赤1のピンフでノータイムでリーチ。【6ソウ】【9ソウ】待ちのイーペーコーとなる方の【9ソウ】をツモって3000・6000。一気に萩原がトップ目に躍り出る。

南3局、園田は自風の【北】から仕掛けて伊達の親を落としにかかる。7巡目、イーシャンテンとなった伊達の手から【赤5ピン】が放たれると、それはすでに園田のロン牌。2000点を加点してオーラスへ。

萩原との点差を1900点に詰めた園田、その配牌にドラの【中】が2枚と赤牌が2枚。園田は1巡目に【中】をポンして、当然自力決着を図る。

3着キープ狙いの伊達が6巡目に【6ピン】をツモ切ると、これもまたすでに園田のロン牌。12000点のアガリで、園田が逆転トップの個人2連勝を勝ち取った。

園田はインタビューで、

「連勝したらだいたいその後連続ラスを引くので、いいかどうかよくわからないんですけど。オーラスは、普段はドラポンして後ぐちゃぐちゃだろうって感じなんですけど(今回は)配牌がめちゃくちゃ良かったですね。完全に配牌力の勝利ですね」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 4万2800点/+62.8
2着 萩原聖人・雷電 3万2700点/+12.7
3着 沢崎誠サクラナイツ 1万6500点/▲23.5
4着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 8000点/▲52.0

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +383.6(48/90)
2位 EX風林火山 +198.5(48/90)
3位 U-NEXT Pirates +53.6(48/90)
4位 渋谷ABEMAS +33.8(48/90)
5位 セガサミーフェニックス +18.3(48/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ +8.5(48/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲184.1(48/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲512.2(48/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月24日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!