沢崎誠、 2020年もトップで発進!! 白鳥を降し、個人首位に!!

沢崎誠、
2020年をトップで発進!!
白鳥を降し、個人首位に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の54日目第1戦は、沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。

1回戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM雷電黒沢咲U-NEXT Pirates小林剛、そして沢崎。

迎えた南1局1本場の沢崎の親番。東場を音無しで過ごした沢崎が、4巡目に先制リーチをかけて、4巡後にツモアガリ。イーペーコー・赤1の4000オールで一気に黒沢をかわしてトップに立つ。

南2局1本場、親の小林が6巡目にアンコのカン待ちでリーチをかけると、沢崎は待ちの食いタンヤオで追いつく(ドラ)。

小林がをアンカンすると、リンシャン牌にいたのは! 小林が沢崎に8000点の放銃となってしまった。

これが決定打となり、沢崎がトップを獲得。沢崎は白鳥との首位攻防戦を制して、個人成績首位となった。

勝利者インタビューで沢崎は「今日はトップは難しいと思ってました。(今日の社内パブリックヴューイングの観客に向けて)応援ありがとうございます。次もトップ取れると思います、よろしくお願いします」と連闘を宣言した。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万8800点/+68.8
2着 黒沢咲・雷電 2万7700点/+7.7
3着 小林剛・Pirates 2万5000点/▲15.0
4着 白鳥翔・ABEMAS ▲1500点/▲61.5

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +334.2(53/90)
2位 セガサミーフェニックス +158.9(54/90)
3位 TEAM雷電 +105.7(53/90)
4位 渋谷ABEMAS +75.2(53/90)
5位 EX風林火山 ▲66.3(54/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲70.9(53/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲74.3(54/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲462.5(54/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月9日の対戦は
サクラナイツ vs ABEMAS vs 雷電 vs Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 KADOKAWAサクラナイツ vs 渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN/雷電 vs U-NEXT Pirates

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!