前原雄大、怒濤の4連続アガリ!! お父ちゃんが炎を吹いた!!

前原雄大、
怒濤の4連続アガリ!!
お父ちゃんが炎を吹いた!!

12月17日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。前原は4勝目、チームは13勝目となった。長く7位に甘んじてきた麻雀格闘倶楽部チームだが、マイナスが200を切って6位が目前に迫ってきた。

対局者は、
渋谷Abemas・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
U-NEXT Pirates石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
赤坂ドリブンズ園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして前原。

並びは、園田・松本・石橋・前原。

東1局1本場、前原のリーチにイーシャンテンの石橋が放銃。
・ドラ1・赤1のマンガンで、前原がリードする。

東2局、前原にピンフ・ドラ1・赤3のチャンス手が入る。
手堅くヤミテンを選択した前原は、首尾よく石橋から討ち取って再度マンガンの和了となる。

東3局、石橋がソーズのホンイツ仕掛けでドラの待ちテンパイ。
松本も仕掛けて待ちでテンパイ。

そして前原が、を切ればテンパイというところを迂回して、終盤に待ちでテンパイ復帰。
すぐにをツモアガる。タンヤオピンフ・ツモ・ドラ2・赤1のハネマンを上乗せして、5万点オーバーの点棒の牙城を築く。

南1局、3巡目親リーチを掛けた園田が2000オールをツモって、前原を追走する。

ダントツでオーラスを迎えた前原は、ラス親でドラのを仕掛けてさらに加点を図る。
これに石橋がリーチ宣言牌で放銃、さらに親マンガンを献上して石橋はハコ下4,200点に。

オーラス1本場は、松本が園田からマンガンをアガって2着に浮上。
前原が大きくポイントを稼いだビッグゲームとなった。

前原は勝利者インタビューで「エースの(佐々木)寿人(選手)が8勝8敗で調子はどうなんだ、と聞いたら『末広がり』とかわけのわからないことを言うもんだから…。(自分は)4勝目ということで、良かったんじゃないですかね。今後の作戦はトップシークレッツです。」と語った。

またこの日は、我がキンマweb取材班がKONAMI麻雀格闘倶楽部チームのロッカールームにお邪魔していたのだが、チームの固い結束を感じられた有意義な取材となった。
KONAMIチームの皆さん、ありがとうございました。

参照

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大(日本プロ麻雀連盟)5万8900点/+78.9
2着 渋谷Abemas・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)2万7500点/+7.5
3着 赤坂ドリブンズ園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万7800点/▲22.2
4着 U-NEXT Pirates石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)▲4200点/▲64.2

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!