朝倉康心、スランプ脱出!! ゆりかもめ効果でチームプラスに浮上!!

朝倉康心、
スランプ脱出!!
ゆりかもめ効果で
チームプラスに浮上!!

12月17日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、U-NEXT Pirates朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
このトップでチームは10勝目、ポイントはプラスに浮上した。

対局者は、
KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷Abemas・多井隆晴(RMU)、
赤坂ドリブンズ村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして朝倉。

並びは、多井・村上・前原・朝倉。

東1局、いきなり山場が訪れる。
親の多井がと村上から仕掛けると、村上に高目チャンタのリーチが入る。
村上、多井のテンパイに、ここで前原が参戦。自風のを鳴いて、ドラ3・赤2の勝負手のテンパイ。
この三つ巴は、村上が前原にハネマンを献上して決着。

次局、前原がドラ雀頭のカンチャン待ちで先制リーチを入れて、ツモアガリ。マンガンを上乗せして早々に46000点の、大きなトップ目に立つ。

しかし東4局、先制前原・追っかけ村上のリーチ合戦では村上に軍配が上がり、前原は8000点を返還する。

トップ前原、2着朝倉で迎えたオーラス。親は朝倉、差は7900。
3着目お多井がと鳴いて、トップまで狙える仕掛け。

そして朝倉にドラ2・赤1のピンフで勝負掛けリーチ。
これに逆転手を入れた多井が放銃して朝倉がトップ逆転。

ラス抜けを狙う多井がでリーチ。
トップ狙いの前原は待ちのテンパイで押す。

結果は多井がをツモアガって3位に浮上。
1戦目は、朝倉が逃げ切りトップとなった。

朝倉は勝利者インタビューで「運頼みのオーラスだったのでやばいかなと思ったのですけど、トップが守れて嬉しいです。チームは上り調子ですが、僕自身がスランプだったので、踏ん張らないといけないなと思ってました。調整のために打っていたネット麻雀でも、16戦トップがなくてやばいかなと。試合直前の1回でトップがとれて『いい流れだ』と思ったら本当にトップがとれて嬉しいです。」と語った。

参考

【Result】
1着 U-NEXT Pirates朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万6000点/+56.0
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大(日本プロ麻雀連盟)3万3900点/+13.9
3着 渋谷Abemas・多井隆晴(RMU)1万6900点/▲23.1
4着 赤坂ドリブンズ村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万3200点/▲46.8

【Total】
1位 EX風林火山 +262.3(49/80)
2位 赤坂ドリブンズ +100.4(51/80)
3位 TEAM雷電 +90.4(52/80)
4位 U-NEXT Pirates +5.3(51/80)
5位 渋谷ABEMAS ▲98.8(51/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲104.6(48/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲261.2(53/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!