鮮やかなドラ切りからの逃走劇 軍神・勝又の完璧なる半荘【Mリーグ2023-24観戦記 12/26】担当記者 ZERO / 沖中祐也

鮮やかなドラ切りからの逃走劇
軍神・勝又の完璧なる半荘

文・ZERO / 沖中祐也【火曜担当ライター】2023年12月26日

第1回戦

あまりに鮮やかすぎるドラ切りだった。

年の瀬の1戦は、浅見の1打目オタ風ポンで幕を開ける。

【東】のバック(後付け)での発進。
すぐにその【東】も鳴けて…

この形から…

こう!
バックではなく、ソウズのホンイツがメインウェポンだったのだ。

ドラ【4ソウ】を持っておらず、見た瞬間はやりすぎに感じた。
だけど
・まだ最序盤であること
・3900以下でアガる方が難しいこと
をふまえると、十分見合っているのかもしれない。

座って3秒後のオタ風に反応し、強引に高打点テンパイを作り上げる。

やりすぎくらいがちょうどいいのよ。
そう、私は特攻シンデレラ・浅見真紀

しかし彼女が不幸だったのは、上家に軍神が座っていたことだ。

【發】をポンしている勝又が

【5マン】をチーすると、ここから

ドラの【4ソウ】を勝負!
浅見がソウズに走っていますよと宣言し、【5ソウ】を余らせてテンパイ濃厚に見える中で、最も危険な牌を切ったのだ。
打点も3900にダウンし、ハイリスクローリターンにしか見えない。
どう考えても【3マン】を切る方が合理的に感じる。

「いやいや、浅見さんはテンパイとは限らない上、ドラの【4ソウ】は持っていそうで通るように感じたのです。そして何より一番大きいのは通しさえすれば…」

「タダでアガれる待ちでしたから」

松嶋「結局マンガンだ!」

おそらく【3マン】を切っていたら、勝負はかなりもつれていただろう。

こうして勝又の逃走を追う形で、2023の最終戦は進行していく。

東家:中田花奈
BEAST Japanext

南家:勝又健志
EX風林火山

西家:浅見真紀
赤坂ドリブンズ

北家:日向藍子
渋谷ABEMAS

実況:松嶋桃
解説:土田浩翔

東3局、特攻隊長の浅見が

フリテンの【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ちをリーチしてツモアガリ。
2人に追っかけリーチをかけられていたので一安心といったところか。

東4局

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/