【 #神域リーグ2023 ファイナル第2試合観戦記】天開司 それは、麻雀を愛した男の名前【文 #後藤哲冶 】

天開司
それは、麻雀を愛した男の名前

ファイナル第1試合の結果をおさらいしよう。
トップをとったアトラスが、首位のヘラクレスを猛追。その差は僅か4.4ptだ。
ヘラクレス緑仙もなんとか2位で粘り、首位をキープ。
グラディウスとアキレスは、4位と3位で共に後が無くなった。どちらも、優勝のためにはトップが欲しい。

……と、ここまでが、視聴者側の話。
セミファイナルと同様、選手たちは前試合までの条件を知らずに対局に臨むのが、神域リーグのレギュレーションだ。

今日で、神域リーグ2023は終わりを迎える。出場者達にとって、最後の闘牌。
とにかく、今日この対局を、全員が最後まで、全力で楽しんで欲しい。

ファイナル第2試合
東家 天開司   (チームグラディウス)
南家 鈴木勝   (チームアトラス)
西家 或世イヌ  (チームアキレス)
北家 因幡はねる (チームヘラクレス)

東1局

勝負手が入ったのは、勝だった。
【3ソウ】を引き入れて手が進む。勝がここから選んだのは。

【1ピン】。三色も見えなくはないが、まずは全体役のタンヤオを確保したい。
勝もシーズン中ずっと、師匠である千羽黒乃に教えを乞いながら、成長を続けてきた。
アトラスで勝ちたいという気持ちも、人一倍ある選手。

【赤5ソウ】を引き入れて、形が決まった。
【2ピン】を打ち出して、仕掛けても8000点ある形に。

この手を、首位ヘラクレスから捉えた。

これで、一旦首位が入れ替わる。
優勝の行方はもうわからなくなった。

東2局
リードを奪われたヘラクレスの因幡だったが、ここからが冷静だった。

「ここは、(役牌)重ねて鳴きたいところだが……」

自身はドラドラの手だが、ドラの【9ピン】タンヤオ牌ではなく、現状は仕掛けても役が無い。
なのでここは役牌を残し、重なりを狙った。

残した【白】をしっかりと重ね、そして鳴くことができた。
【9ピン】【6マン】のシャンポン待ち。

「アキレスとアトラスちょっと警戒した方が良いと思うんだよね。点数状況的に」

因幡は前試合の状況がわからないながらに、優勝に向けての最善を模索していた。
現状で、もうポイントが抜かれている可能性が高いのが、アキレスとアトラス。ならば、そこのチームよりも上に行っておくことが、ヘラクレスを優勝に導くための最適解。

或世からのリーチが入った直後、【赤5マン】を引き入れた。
【6マン】を切れば【1マン】【4マン】【7マン】待ちだが、【6マン】はリーチには通っていない。

【6マン】行くか!」

それでも、因幡は危険牌の【6マン】を押した。
【2マン】【5マン】も通ってはいない。であれば、多少の危険は冒してでも、【1マン】【4マン】【7マン】という待ちが良い方にする価値があると踏んだ。

「返してもらいましたよ?」

これを前局8000点の放銃となった勝から討ち取って8000点。
文字通り点棒を返してもらって、これで再びヘラクレスがトップに立った。

東3局

親番を迎えた或世だったが、なかなかテンパイが入らず、苦しい状況に追い込まれていた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/