【熱論!21人のMリーガー】黒沢咲・チーム雷電〜セレブ打法を陰で支える”胆力”と”守備力”〜




熱論!21人のMリーガー

黒沢咲・チーム雷電

〜セレブ打法を陰で支える

”胆力”と”守備力”〜

文・真中彰司【TEAM RAIDEN担当ライター】

 

Mリーグロスの皆さまへ贈るこのMリーガー特集コラム。

私はTEAM雷電の3人の紹介を担当することになった。

というわけで今年の戦いを振り返りながら、各選手ごとに改めてその打ち筋・個性に注目して見て行こう。

まず雷電で最初に誰を取り上げようかな、と考えてみたが…

“強気のヴィーナス”

黒沢咲選手を外すわけにはいかない。

おそらく、Mリーグで最も株を上げた選手の一人だろう。

開幕当初はルールへの適応に戸惑っていたが、11月に入ってからはポイントを稼ぎまくり、一時は個人成績首位にまで躍り出た。

序盤は最下位だった雷電を、3位まで浮上させた原動力とも言えるだろう。

そんな黒沢の特徴といえば、一大旋風を巻き起こした

「セレブ打法」

である。

その特徴が最もよく表れている一局を見てみよう。

 

11月20日(火) 第1試合

親番でこの配牌から、を残して打

「くだらない愚形ターツは不要です!」

とペンチャンをバッサリ切り捨てていく。

スルスルと手が進み、狙い通りに三面張でテンパイ。

親番で赤が1枚、待ちは絶好の三面張。迷わずリーチと行くだろう。

そう、庶民ならリーチのはずなのだが…

「このテンパイ、なんか気に入りませんわ」

セレブな黒沢は、これをリーチしなかった!

どうやらタンヤオにならないのがご不満だった模様。

「まぁ、これで妥協しましょうか」

を引いてタンピンに変化してからリーチ。

あわよくばを引いて三色まで見ようとしていたのだろうか?

一瞬の躊躇さえ恐ろしく感じられる。

難なくをツモり、裏も乗せて6000オール。

考えうる限りの最高形に仕上げてみせた。

麻雀打ちなら誰もが思う「手牌があんな風になったらいいな」という理想。

黒沢は、その理想をいとも簡単に作り上げてしまうのだ。

観戦する側は、常にワクワクが止まらない。

もちろん、これはセレブ打法のほんの一部に過ぎない。

いきなりドラ暗刻のダブリーを打ったり…

ドラ待ちのシャンポンを一発でツモったり…

数え上げればキリがないほど、そのセレブっぷりを見せつけてきた。