【熱論!21人のMリーガー】黒沢咲・チーム雷電〜セレブ打法を陰で支える”胆力”と”守備力”〜

熱論!21人のMリーガー

黒沢咲・チーム雷電

〜セレブ打法を陰で支える

”胆力”と”守備力”〜

文・真中彰司【TEAM RAIDEN担当ライター】

 

Mリーグロスの皆さまへ贈るこのMリーガー特集コラム。

私はTEAM雷電の3人の紹介を担当することになった。

というわけで今年の戦いを振り返りながら、各選手ごとに改めてその打ち筋・個性に注目して見て行こう。

まず雷電で最初に誰を取り上げようかな、と考えてみたが…

“強気のヴィーナス”

黒沢咲選手を外すわけにはいかない。

おそらく、Mリーグで最も株を上げた選手の一人だろう。

開幕当初はルールへの適応に戸惑っていたが、11月に入ってからはポイントを稼ぎまくり、一時は個人成績首位にまで躍り出た。

序盤は最下位だった雷電を、3位まで浮上させた原動力とも言えるだろう。

そんな黒沢の特徴といえば、一大旋風を巻き起こした

「セレブ打法」

である。

その特徴が最もよく表れている一局を見てみよう。

 

11月20日(火) 第1試合

親番でこの配牌から、を残して打

「くだらない愚形ターツは不要です!」

とペンチャンをバッサリ切り捨てていく。

スルスルと手が進み、狙い通りに三面張でテンパイ。

親番で赤が1枚、待ちは絶好の三面張。迷わずリーチと行くだろう。

そう、庶民ならリーチのはずなのだが…

「このテンパイ、なんか気に入りませんわ」

セレブな黒沢は、これをリーチしなかった!

どうやらタンヤオにならないのがご不満だった模様。

「まぁ、これで妥協しましょうか」

を引いてタンピンに変化してからリーチ。

あわよくばを引いて三色まで見ようとしていたのだろうか?

一瞬の躊躇さえ恐ろしく感じられる。

難なくをツモり、裏も乗せて6000オール。

考えうる限りの最高形に仕上げてみせた。

麻雀打ちなら誰もが思う「手牌があんな風になったらいいな」という理想。

黒沢は、その理想をいとも簡単に作り上げてしまうのだ。

観戦する側は、常にワクワクが止まらない。

もちろん、これはセレブ打法のほんの一部に過ぎない。

いきなりドラ暗刻のダブリーを打ったり…

ドラ待ちのシャンポンを一発でツモったり…

数え上げればキリがないほど、そのセレブっぷりを見せつけてきた。

しかし、黒沢はただセレブ打法のみで勝っているわけではない。

「セレブ打法」の陰には、徹底した胆力と緻密な守備力が隠されているのだ。

 

11月30日(金) 第1試合

たとえばこの手牌。役牌のが対子で、しかもドラも対子。

庶民なら鳴いて満貫を目指すだろう。

しかし、黒沢は鳴かない。

その先にあるセレブなアガリを目指すため、ここは我慢する局面なのだ。

そしてを暗刻にして、上家からチーテンの取れるが!

…しかし、これも鳴かない!どこまでもセレブなアガリを追求し続ける黒沢。

さすがに2枚目のはポンしてテンパイに取った。

だがしかし、待ち牌はが1枚しかない…

と確認した直後、ラス牌のをツモって2000-4000のアガリ。

おそらく大多数の打ち手は1枚目のをポンしていただろう。

しかし黒沢は鳴かない。鳴ける牌が出てもノータイムでスルーする。

自分が納得いく形になるまでは、どんな誘惑が来ても我慢する。

この並外れた胆力があってこそ、セレブ打法が成立しているのだ。

一旦しゃがみこんで、その反動で高く高くジャンプするイメージだろうか。

そしてもう一つ、いくら点棒を稼いでも、それを守れなければ意味がない。

守備も出来なければセレブとは呼べないのだ。

 

11月30日(金) 第1試合

自身がトップ目で、2軒リーチを受けて現物が尽きた局面。

大多数の打ち手は、場に1枚切れのを対子落としするのではないだろうか。

ところが黒沢はを切らず、を打った。

確かにが見えているため、当たっても安そうだが…

ここで注目するのは村上の河。

村上はと手出しした後に寿人のリーチを受け、を手出しした。

親の現物といっても、を切っているのにあそこまでを引っ張るのはおかしい。

他に理由があるのではないか?

そう読むと、チートイツが本線に見えてくる。ならばは打てないというわけだ。

黒沢の読みはズバリ的中、村上は七対子の単騎待ちだった。

このような正確な読みと守備力もまた、黒沢の武器である。

紹介しきれなかったが、行かないと決めた時の黒沢は本当に固い。

一滴の水も漏らさないダムのような鉄壁っぷりを誇るのだ。

と、ここまで黒沢の隠れた素晴らしさを紹介してきた。

現在は個人成績2位と、1位の園田にやや水をあけられている。

チームとしてもプラス域の3位と、まだまだ油断はできない状況だ。

年明けの終盤戦は是非、セレブ打法だけでなく、黒沢の守備にも注目してほしい。

そして、みんなでまた女神様の笑顔を拝もうではないか。

 

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV