滝沢和典、圧巻の5連続和了!! 古巣の風林火山相手に容赦なし!!

滝沢和典、

圧巻の5連続和了!!

古巣の風林火山相手に

容赦なし!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕19日目、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局から5連続和了を決めた滝沢が、大量得点で逃げ切って今季2勝目。その滝沢の親をマンガンで落とした二階堂が2番手でフィニッシュとなった。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹U-NEXT Pirates石橋伸洋TEAM雷電本田朋広、そして滝沢の4名。

東1局、南家の滝沢が15巡目にテンパイ、即リーチ。カン【7ピン】待ちのドラ1・赤1。ラス牌の【7ピン】をツモって2000・4000。

次局、親番となった滝沢は、まずダブ【東】を鳴いての2900を本田から討ち取り。

1本場ではカン【8ソウ】待ちのリーチ・ドラ1をツモ。ウラが1枚の4000オール。2本場は、4巡目にピンフイーペーコー・ドラ1の手をリーチ・一発・ツモ。6000オールであっという間に6万点オーバーに到達する。

3本場、ダブ【東】【8ソウ】のシャンポン待ちでリーチをかけ、追いかけてきた本田から【8ソウ】を返り討ち。さらに2000点プラスリーチ棒を加点し、これで圧巻の5連続アガリをみせつける。

焦点は早々に2着争いに。4本場にリーチ・ツモ・ドラ1・赤1の2000・4000をツモった二階堂が2番手に。

いっときはハコ下に沈んだ本田だったが、オーラスの競り合いで石橋からホンイツ【白】【中】のマンガンを直撃して3位に浮上し、試合は決した。

滝沢はインタビューで、

「まだまだ先は長いですけど、2勝目なのでほっとしてます。勝つときはこんなもんだなっていう、ほとんどが楽チンな来方でしたね。(タキヒサ・ルミアキ対決については)見てる方が楽しんでいただければ(笑)」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 6万2600点/+82.6
2着 二階堂亜樹・風林火山 1万7700点/▲2.3
3着 本田朋広・雷電 1万3900点/▲26.1
4着 石橋伸洋・パイレーツ 5800点/▲54.2

【Total】
1位 EX風林火山 +336.5(19/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +95.1(19/90)
3位 渋谷ABEMAS +29.4(18/90)
4位 U-NEXT Pirates +21.0(19/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲29.6(18/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲57.7(18/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲71.3(19/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲323.4(18/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月4日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:村上淳
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!