土壇場でも変わらない、怯まない、前原雄大の大局観【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

土壇場でも

変わらない、怯まない

前原雄大の大局観

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2019年1月28日

 

麻雀のスタイルは十人十色でとても面白いと思う。

だが、試合数も残りわずかになり自分のスタイルの麻雀を貫けるのか?そこを注目してみていこうと思います。

【一回戦】

をポンした後に亜樹からリーチを貰った前原。

清一色のイーシャンテンとはいえドラ切り。

前巡にを通しており、当たるパターンとしては単騎かシャンポン。当たりづらいという判断だろう。

前回はこんな手から多井がドラで満貫を振り込んだのが記憶に新しい。

そのドラを萩原に鳴かれて場が沸騰する。

前原がを亜樹に打ち込み8000放銃。

現物こそなかったものの、比較的当たりにくそうなを切らずにを押した前原。強引な麻雀が過ぎるなと少し感じた。

次局も前原らしさ全開だ

例えばみなさんならばこの手牌は何を切るだろうか?前原と同じだろうか?

だが、この順目だと辺りを切ってピンズの伸びを見る選手も多いのではないだろうか?

これは前原によく見る手筋。リーチ効率打法だ。の受け入れを逃して聴牌を逃すのが甘い。そういった前原の声が聞こえてくる。

を切ってしまえばこの聴牌は無かった。コナミのチームにはリーチがよく似合う。

しかしこの局を制したのは亜樹だった。

ハイテイで前原の現物のをアガリ、2000-4000。守備を意識したヤミテンで局面をリードした。

しかし、その後朝倉が亜樹から満貫を見事打ち取りトップを逆転する。

そして南4局。

萩原の選択が私には微妙に映った。

この手牌からを鳴かない。それだけではなくもチーしない!

萩原の選択も私には痛く分かる。親の前原からリーチを貰った場合、安牌を減らすのは危険だし、亜樹や朝倉が早くアガってくれるのを期待しているのだろう。

少しだけ弱気の選択に見えた。

そして前原が超ド級のリーチを見せる。

あまり見ない形ではあるが、ドラを暗刻使いしているツモリ三暗刻のリーチだ。

ここでヤミにして12000出アガリしてもすぐに萩原に逆転されてしまう点差。ならば、ここで8000オールをアガってトップに立つ。

そして、誰が好き好んでラスのリーチに踏み込めるだろうか?

このリーチは辛くも流局するものの次局。

またもや前原に選択。

をポンして選択。

何を切るのかとても難しい。前原も時間を取る。が程よく見えており、マンズも程よく安いのでは狙い目に見えるし、自分がホンイツに行くと牌が絞られやすくなる。

ホンイツは無理か…?


この打は前原の覚悟の一打とも思える。5800をアガって多少萩原をかわしてどうなる?

萩原の一アガリですぐに逆転されるんじゃないのか?ならここで4000オールをアガリ切って萩原に逆転されないようにしてやろう。

自分の聴牌すらも危うい手牌の中で前原の闘志を感じる。

ホンイツ、ハイテイ、ドラ、赤、6000オール。

萩原を大きく突き放した。見た目のような簡単なアガリなどではなく、意志の強さでアガリ切った執念を感じた。

 

【二回戦】

親の黒沢のリーチ。メンピンドラ赤。いきなりの満貫聴牌。

されども前原。

含みででチーしている。打点としては3900点で愚形聴牌だ。

前原は多少迷ったような仕草を見せたもののを打ちぬいた!

もうね…。ヤバイ打ち手ですよ(笑) 現物のがあるのにも関わらずドラ筋の

鳴いたら降りるなという言葉を前原は好んで使う。現物のは他家の降り打ちを狙える。そう感じたのではないだろうか。

ここで前原が面白い一打を見せる。を切らずに現物のを打ち待ち聴牌。

では役無しだがどういった判断なのだろうか?

おそらくこれだけ時間をかけたのにも関わらずが出ないのには黒沢の手に組み込まれているのではないのか?という事と、そう考えたらも相当な危険牌に映ったという事ではないだろうか。

黒沢からが出て3900をアガル。非常に面白い選択だったと感じた。これが満貫聴牌ならば多少は押してもいいかな?とは思うが3900で押し切れるのは前原の大局観という物だろう。

しかしこの半荘、リードしたのはこの3900を放銃した黒沢。南場を親番でこの大物手を朝倉から仕留める。

リーチ一発メンホン七対子 18000点。

打った朝倉は運がすっからかんだが、黒沢の手順は意志を込めたアガリだ。

このリードを活かし、黒沢リードでオーラスを迎える。

ダンラスの朝倉がリーチ

最初の頃、解説陣はこの千点二千点が決勝に行けるかどうか分けるかもしれないと語っていたが、そうなりつつある。この素点もバカには出来ない。もちろん待ちは良い待ちだ。

苦悶の表情を浮かべる前原

聴牌料で亜樹の順位を抜けるので聴牌しなければならない。

この手牌から現物の打。聴牌だけを取るのならば七対子やを切るの単純だが、どの牌も切られ過ぎている。聴牌も難しいし、同様に危険度が高い。

現物のを切っていくうちににくっつける形での聴牌復帰が理想だろう。

前原がをポン!

ここは通っていないには手を付けず、二枚切れのを切っていく。ソウズの3面張はフリテンだがどうにかなる。

だが、マンズは全部が危険牌。選べなかったのだろう。これが亜樹に難問を突き付ける。

いかにも前原の聴牌が匂う。

このを切って聴牌を目指したいが純然たる危険牌。攻め込んでいる3者全てに平等に当たる危険がある。朝倉が1300-2600をアガっても親被りで3着に下がる。

安全牌はが3枚もある。どれが自分の2着を守り切れる選択なのか…?

ここは打。前原が朝倉に放銃したり流局して前原ノーテンを期待する選択だ。

結局、前原が聴牌せずに、流局し亜樹は辛くも2着を守り切った。を切れば3着落ちだっただけにあまたある選択の中から唯一の着落ちの回避だった。

派手なアガリも麻雀の華ではあるが、たまにはこういった上級者同士の聴牌の取り合いなども玄人好みの面白い展開だったのではないのかな?と思った。

みなさんの応援の力が絶対にチームの後押しになると思うので、4位以内に入れるように、または優勝できるように応援してあげてくださいね!

 

危険な鬼太朗
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV