「朝倉よ、打ってしまえ」刹那の結果より小林剛が求めたのは──、麻雀プロの未来だった【須田良規のMリーグ2021セレクト12】

「朝倉よ、打ってしまえ」
刹那の結果より
小林剛が求めたのは──
麻雀プロの未来だった

【須田良規のMリーグ2021セレクト12】文・須田良規

2月15日(火)の第2試合、U-NEXT Pirates朝倉康心は55600点のトップを叩き出す。

その活躍の足掛かりになったと、誰もが思った朝倉の放銃回避シーンがあった。

東1局1本場、南家のKONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗からドラ【中】単騎のリーチ。

それを受けての東家朝倉である。

通常この手は、ドラ【中】も浮いているし、現物の【9マン】【7ソウ】を抜いていくところである。

しかしなんとこの瞬間。

北家のTEAM雷電萩原聖人【北】切りで目立たない現張りカン【7ソウ】のマンガンをテンパイしていた。

さすがにこれは朝倉が打つ──。

おそらく観戦していた者全員がそう思ったであろう。

まずは【9マン】。しかし【7ソウ】に手がかかるのは時間の問題だ。

萩原は【南】ツモ切り。まだ目立ってはいない。

そして朝倉。

ツモ【6ソウ】でカンチャンは埋まったが、到底リーチに戦える形ではない。
唯一の現物である【7ソウ】を切るしかない。
まあ前巡は耐えたものの、これは仕方ない放銃になるだろう。

しかし朝倉は長考の後──、

なんとスジの【7マン】を切った。

そしてすぐに西家のKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎からもリーチが入り、

一発目に萩原が掴んだ牌は、

伊達の当たり牌であるドラの【中】だった。

萩原はやむなく【8ソウ】を切って撤退。

ここでやっと、今まで萩原が待ち望んでいた【7ソウ】を、朝倉が逃がしていく。

TEAM雷電サポーターにとっては憎らしいほどのタイミング、
そしてU-NEXT Piratesサポーターにとっては最高のファインプレイに映ったことであろう。

ただ実際──、試合後に朝倉本人も語っていたように、これは萩原に対して【7ソウ】を止めたわけではなかった。

このとき内川が【赤5ソウ】を切っていて、チュウチャン牌の切り具合からも内川のスピード感を朝倉は意識していた。

よって、想定される内川からの追いかけリーチに対して、内川の現物でもある【7ソウ】を取っておきたかったのだという。

そして万一ドラの【中】を重ねた場合にまだ押し返せる形をキープしたかったこともあり、
スジの【7マン】を落としにかかったわけだ。

とはいえこれは、多くの人が【7ソウ】を切ってマンガン放銃しているところを、
朝倉の粘りによって奇跡的に回避できた形である。

偶然の僥倖も、レギュラーシーズン終盤の剣ヶ峰としては、ありがたい限りであろう。

ところが、である。

この幸甚を、良しとしない者がいた。

それは誰あろう──、U-NEXT Pirates船長の、小林剛だったのである。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/