もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Thu】

もしも麻雀がなかったら…

一途な最速マーメイド

魚谷侑未の覚悟

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年10月18日

『もし、麻雀に出会っていなかったら、どんな人生を送っていただろうか?』 ふと、頭をよぎることがある。 あのときの恋人と別れずに済んだ?もっといい会社に就職しているかも? そんなことを思う女々しい私と違って、本日2戦目の主役はこう答えた。

「麻雀がなかったら、何もない人間になっていたと思います」

解説 多井隆晴 実況 小林未沙

1戦目

東1局

萩原5巡目、ドラがアンコの手牌、

萩原の選択は打。 ピンズとオタ風の字牌が4トイツ。チートイツやホンイツも見たくなるが、そうするとが使えなくなってしまう。 タンヤオで、仕掛けてのを満貫を狙った一打だ。 そして、

 

上家の朝倉から狙い通りのが出る。

 

萩原「チー」 開幕当初は鳴きを使ってこないことでツイッター上で話題にもなっていた萩原。思い切って変えてきたのは顔のペイントだけではなかったか。 この仕掛けが、

 

お…

おお! 瞬く間に8000点のテンパイ。 そこに飛び込んだのは…

朝倉だった。この形からでは止まりようがない。萩原の手組と仕掛けが冴えた1局だった。 結局このまま朝倉はズルズルと点棒を減らし、萩原は柔軟に攻守を使い分けてトップ目でオーラスを迎えることに。

南4 局

親番の高宮、 4巡目でこの手格好。ドラがなので、役役赤ドラの親満コースまで見ることができる手だ。

 

朝倉からが出る。

 

なんと高宮このをスルー。 この厳しいメンツだからこそ、『1枚だけスルー作戦』をとったのではないだろうか。 を2鳴きすることになれば、 「まさかまで持っていることはないよな」 と他家が読むため、場にが打ち出されやすくなる。 から鳴いた場合にも先ほど鳴かれなかったは、たやすく切られる。 クールビューティな外見とは裏腹の、アツい作戦。 その後、