もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】

純チャン三色ドラの12000テンパイ。しかし高宮の河(↑画像左の河)はピンズがあまりにも高い。 どうする…

 

苦悩する近藤。

 

冷静に待つ高宮。 悩んだ末の近藤の答えは…

 

の勝負。 通った… 万が一、萩原からアガることが出来れば逆転トップだ。 しかし…

 

またもや近藤は、ピンズの無筋をつかんでしまう。

 

天を仰いだあと、

 

近藤はを切った。 が通ったからこそ、はもう打てないと判断したのだろう。 高宮のアタリ牌を止めて、テンパイを維持した素晴らしい判断だった。

南4局1本場

そのころ朝倉はキョドっていた。

…と思いきや、

突如、タンピン赤赤高め三色のダイナマイトリーチがかかる。 ここに、

 

すでにテンパイしていた萩原から追っかけリーチが入る。 朝倉に放銃しても萩原自身のトップは変わらないので、二軒リーチで高宮の親番を潰そうという判断だ。 これに対し高宮は、

 

無筋のをツモ切って応戦、勝負に出た。 高宮は、テンパイが入るまでは比較的固い打ち回しを見せるが、いざ迎撃態勢が整うと積極的に勝負する印象。3着目のここは押し切りたいところだ。 近藤にも同巡テンパイが入るが…

 

こちらは、中抜きしてベタオリ。萩原、朝倉のアガリが出れば自身は2着でゲームを終えることが出来る。実に冷静な判断。 結果は…

 

朝倉の倍満ツモアガリ。

 

そのとき、高宮の内に秘めたるベルセルクの心が、ほんの一瞬だけこぼれおちるのが見えた。

萩原が待望の初トップを飾った。

 

 

 

 

2戦目(どの選手が打っているかは、画像下部をご覧ください。)

東1局

開幕戦以来、久々に登場した魚谷の手牌、

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 1 個のコメント

  • 魚ちゃん、トップおめでとう。
    Mリーグ、盛り上がっているけど、これからが正念場。
    野球やサッカーのように、翌日ネットニュースや各新聞社が結果掲載するようにならなくては。
    そして、マージャン好きな高齢者がアベマテレビを見てもらう仕組みを考えなくては。
    また、視聴者参加型として、月間トップチーム、個人を予想し、賞品をあげるとか。
    マーケティングに携わってきた私としては、いろいろアイデアがあるので、機会があれば提案します。