決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

熱論!Mリーグ【Fri】

決戦は「金曜日」!

パブリックビューイングで

輝くMスターは誰だ⁉︎

文・masasio【金曜担当ライター】2018年11月9日

今日は金曜日。

今では死語となってしまったが、いわゆる「華金」だ。

それを受けてパブリックビューイングが開催されるという。

一昔前には、麻雀プロの対局を、みんなで観戦するなんてことは考えられなかっただろう。

時代は変わるものだ。

前回のパブリックビューイングでは、Mリーグ初の役満というドラマが生まれた。

今日はいったいどんなドラマが生まれるのだろうか。

 

本日は1位、2位、4位、7位の対決

アベマズvs風林火山の首位攻防ももちろん大注目だが、4位フェニックスと7位麻雀格闘倶楽部のボーダーをめぐる争いにも注目だ。

パブリックビューイングにふさわしい好ゲームを期待したい。

 

1回戦

四者四様の「らしさ」

対戦相手はこちら

 

何とも重厚な組み合わせになった。

首位アベマズからは満を持して個人首位の多井隆晴が登場。ここまで勝ちまくっており平均順位はなんと1.57!!2着をとっても順位が悪くなってしまう。

対する2位風林火山からは、Mリーグの選手のなかで唯一トップのない勝又。

これはちょっと意外な感じがした。好調な亜樹、滝沢がいるなかで、トップのない勝又。

ただトップはないものの、ラスも無く、内容も安定している。今日こそ初トップを取ってチームも個人も勢いに乗りたい。

上位2チームに対するは、前原、近藤の年長者コンビ。Mリーグでは初対戦だ。

大ベテランでタイトルをたくさん取っている2人だが、打ち筋は少し違い、前原が割と素直に手を進めるのに対し、近藤は少し変わった進行を見せることがある。

このあたりの打ち筋の違いにも注目だ。

1

 初トップが欲しい勝又

ここから打

まずまず良い手牌だと思うが、も先に切っておりかなりスリムに構えた。

前回の対局では手なりで進める局面が目立ったが、今日はいつもの勝又らしい進め方に見える。

対する近藤もらしさを見せる。

 

役牌のをポンしてを切った。

普通はを切るところだが、どうしてもをトイツで使いたいということだ。

瞬間の受け入れは少なくなるが、の周りを引けば形もよくなる。

大きく打つ近藤らしさが出た1打だろう。

勝又はを切って迂回しながらも・・・

 

 順調にツモが効き、こんなに美しいメンタンピンに!

この手をすでにテンパイしていた近藤から出アガり、マンガンの収入、好スタートを切る。

 

2

またしても勝又がらしさを見せる

 

ここから打

トイメンの近藤がダブをポンしているので

ドラのは切りつらいが、

あわてずさわがずを切って様子見。

にくっつけば勝負ということだろう。

実に勝又らしい1打だ。

 

3

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!