白鳥翔、盤石な攻守を発揮して、個人2連勝!! ABEMASは5位に浮上!!

白鳥翔、

盤石な攻守を発揮して、

個人2連勝!!

ABEMASは5位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕59日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。自風スルーからのマンガンツモ、片アガリタンヤオサンショクのツモアガリなど、自在にアガリを決めた白鳥が個人連勝の5勝目をGET、ABEMASは5位に浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂瑠美KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、そして白鳥の4名。

東2局、親の佐々木が7巡目にリーチをかける。ピンフ【3マン】【6マン】待ち。白鳥が【4マン横向き】【5マン】【6マン】チーでタンヤオ、カン【5マン】待ちでテンパイ。勝負手の堀から【5マン】がこぼれて白鳥が1000点のアガリで、佐々木の親を落とす。

東3局1本場、自風の【西】をスルーして雀頭にした白鳥が5巡目に【5ソウ】【8ソウ】待ちでリーチ。すると【赤5ソウ】をツモってウラ1の2000・4000に。白鳥が混戦からアタマ一つ抜け出す。

白鳥は親番の南1局には、【8ソウ横向き】【6ソウ】【7ソウ】とチーしてタンヤオ・片アガリサンショク・赤1の【6ピン】【9ピン】待ちに【6ピン】をツモって2000オールを加点。

オーラス、ラス目の佐々木が【中】を暗カン。新ドラ【8ピン】をアンコにしての【5マン】【8マン】待ちでリーチをかける。3巡後に【赤5マン】をツモって3000・6000。佐々木が2着まで浮上し、以下堀・二階堂の並びで試合終了。

白鳥は個人連勝、5勝目。ABEMASは麻雀格闘倶楽部をかわして5位に浮上した。

白鳥はインタビューで、

「今日はオンラインパブリックビューイングをやっていて、トップを取れたのもうれしいんですがSNSで応援の声をいただいて、いろんな方が見てくれている中で、Mリーグを見られなくなっちゃった方の話とかあったりして、今日は絶対トップを取りたかったのでうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万6700点/+56.7
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 2万5400点/+5.4
3着 堀慎吾サクラナイツ 2万4000点/▲16.0
4着 二階堂瑠美・風林火山 1万3900点/▲46.1

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +265.2(58/90)
2位 セガサミーフェニックス +170.9(58/90)
3位 EX風林火山 +166.4(59/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +150.4(59/90)
5位 渋谷ABEMAS +90.3(59/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +40.2(59/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲187.4(58/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲716.0(58/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月17日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!