わずか2局の悪夢── 堀慎吾が選んだ【5s】、 その先に待っていたものは【Mリーグ2022-23観戦記1/23】担当記者:江崎しんのすけ

わずか2局の悪夢──
堀慎吾が選んだ【5ソウ】
その先に待っていたものは

文・江崎しんのすけ【月曜担当ライター】2023年1月23日

第1回戦

東家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)
南家:日向藍子(渋谷ABEMAS)
西家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
北家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

Mリーグ2022シーズン61試合目はKONAMI・風林火山・アベマズの上位チームと、セミファイナル進出のボーダーラインにいるサクラナイツの対決となった。

東1局、序盤にリードを築いたのは堀。

【4ソウ】【4ピン】待ちのシャンポンテンパイをダマテンに構え、次巡ドラの【3ソウ】を引き入れ【2ソウ】【5ソウ】待ちでリーチをかける。

直後に滝沢が追いかけリーチ。待ちは【3ピン】【6ピン】

8巡目、親番の松ヶ瀬が追いつく。平和の【6マン】【9マン】待ちで、【6マン】なら678の三色が完成する。

【2ソウ】を切って追いかけリーチをかけるが…

この【2ソウ】が堀の当たり牌。裏が1枚乗って8,000点のアガリとなる。

堀のリーチ宣言牌が【4ソウ】だったが、仮に堀が【2ソウ】【5ソウ】待ちだとすると、堀は【3ソウ】【4ソウ】【4ソウ】の形で持っていたことになる。

その場合、ドラを使い切る・かつドラ周りで巡目が経つと危険になりやすい【4ソウ】がもっと早い巡目に切る可能性があり、やや【2ソウ】【5ソウ】の可能性は下がる。

しかし今回は既にテンパっている形からの変化という、想定外の形だった。

幸先の良いスタートを切った堀。
その後も加点を続ける。

続く東2局では【中】をポンして500-1,000をあっさりツモ。

東3局の親番では、【2マン】【5マン】待ちのリーチをかけ一人テンパイで流局。
さらに2,000点を加点。

続く東3局1本場でも手が入る。
【2ソウ】【5ソウ】待ち(今度はノベタン)で先制リーチ。

またしても堀のアガりかと思われたが、この男が堀の流れに待ったをかけた。

滝沢だ。

リーチを受けた一発目、4枚目の東を引き入れる。
当然カンはしない。現物の【8マン】【9マン】を落としていく。

2巡後、堀が【1ソウ】をツモ切り滝沢がチー。

2枚切れの【北】を切ってイーシャンテンに。
東もリーチには通るが、最後までカンして打点を上げる選択肢を残しておく。

現状の打点は2,000点だが、カンして新ドラが1枚でも乗れば符ハネして満貫にまで上昇する。
親リーチに対してカンは少々怖いが、テンパれば勝負に出る一手だろう。

だが次巡、堀がツモ切ったのは【赤5ピン】だった。
カンはできないが、これはこれで嬉しい。

滝沢は【赤5ピン】をチーしてテンパイを入れる。
待ちは【3マン】【6マン】。堀・滝沢ともに山に2枚ずつ眠っていた。

めくり合いを制したのは滝沢だった。
【6マン】をツモり1,000-2,000を成就させる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊