Mリーグweeklyダイジェスト【2023 4/10-4/14】

Mリーグweeklyダイジェスト
2023年 4月10日〜 4月14日

いよいよ始まった朝日新聞Mリーグ2022-23セミファイナル。昨シーズンから4試合増えたとはいえ、ポイントを半分にしての20戦勝負は、やはり序盤をどのように戦っていくかが重要だ。開幕週の模様を振り返る。

■4月10日(月)

対戦カード:EX風林火山KONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMASU-NEXT Pirates

第1試合

 

寿人が序盤から高打点のアガリを決めて他3者を圧倒。5万点オーバーの快勝で、セミファイナル開幕戦を飾った。亜樹は寿人を追撃するも2着まで。瑞原は箱下の4着と、各チームの明暗がくっきりと分かれた結果となった。

1位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)+72.8
2位 二階堂亜樹EX風林火山)+20.7
3位 松本吉弘渋谷ABEMAS)▲31.3
4位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)▲62.2

【観戦記】
目覚めた魔王の全てを消し去る一撃 セミファイナルの幕が開く──(江崎しんのすけ)

第2試合

 

多井が開局早々にハネ満をツモってリードをつくると、微差で迎えたオーラスにはリーチツモ裏4のハネ満で大量加点に成功。自身のセミファイナル初戦をトップで飾った。高宮はオーラスに四暗刻をツモる手順があったが実らず、2着どまりとなった。

1位 多井隆晴渋谷ABEMAS)+62.0
2位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)+1.4
3位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)▲21.1
4位 鈴木優U-NEXT Pirates)▲42.3

【観戦記】

「俺たち渋谷 ABEMASが勝つ」勝利に飢えた多井 隆晴が放つ 魂の役無しドラ無し愚形リーチ(徳岡明信)

■4月11日(火)

対戦カード: KADOKAWAサクラナイツKONAMI麻雀格闘倶楽部TEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

 

岡田が序盤からアガリを重ね、終わって見れば5万点オーバーの大きなトップを獲得。本田は厳しい戦いとなるも、最終的にはオーラスの満貫ツモで3着に浮上して試合を終えている。

1位 岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)+74.1
2位 仲林圭U-NEXT Pirates)+15.6
3位 本田朋広TEAM雷電)▲32.8
4位 滝沢和典EX風林火山)▲56.9

【観戦記】

倒れるときは前のめりに 本田 朋広、ユニバースが5年間夢見た ファイナルステージへ導く(ZERO / 沖中祐也)

第2試合

 

黒沢が持ち前の高打点のアガリを連発して快勝。チームにセミファイナル初勝利をもたらした。オーラスは堀が満貫ツモで小林を逆転して3着に浮上。パイレーツは早くもセミファイナル3ラス目となった。

1位 黒沢咲TEAM雷電)+82.7
2位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)+0.6
3位 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)▲28.6
4位 小林剛U-NEXT Pirates)▲54.7

【観戦記】

負けられない戦いの中でも変わらない君(越野智紀)

■4月13日(木)

対戦カード: EX風林火山KADOKAWAサクラナイツ渋谷ABEMASTEAM雷電

第1試合

 

渋川が要所で加点してオーラスを迎え、そのまま逃げ切ってトップを獲得。自身のセミファイナル初戦、そして新婚初戦を勝利で飾った。オーラスは瀬戸熊が松ヶ瀬から満貫の直撃を取ることに成功、2着に浮上して試合を終えた。

1位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)+54.9
2位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)+9.7
3位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)▲20.4
4位 多井隆晴渋谷ABEMAS)▲44.2

【観戦記】

「勝って、妻のもとへ帰るんだ…!」荒れ狂うオーラスを渋川 難波は凌ぎきれるか!?(ゆうせー)

第2試合

 

白鳥が狙い澄ました単騎選択で黒沢から18000を直撃、大量加点を生かしてトップを獲得した。手痛い一撃を被った黒沢は、南3局にツモって満貫のテンパイを拒否して倍満をツモるという「セレブ麻雀」で2着まで浮上した。

1位 白鳥翔渋谷ABEMAS)+63.6
2位 黒沢咲TEAM雷電)+11.3
3位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)▲24.8
4位 二階堂瑠美EX風林火山)▲50.1

【観戦記】

白鳥 翔、意図と意志が成した単騎の一刺し(東川亮)

■4月14日(金)

対戦カード:EX風林火山KADOKAWAサクラナイツKONAMI麻雀格闘倶楽部TEAM雷電

第1試合

 

EX風林火山は、勝又健志がセミファイナルに初出場。南場に入って的確にアガリを重ね、チームにセミファイナル初勝利を持ち帰った。オーラスでは親番の本田が連荘してラス抜けに成功している。

1位 勝又健志EX風林火山)+62.5
2位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)+2.5
3位 本田朋広TEAM雷電)▲20.4
4位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)▲44.6

【観戦記】

勝又サービスセンター、休業!?アシストせずの「真意」とそこに潜む「野望」(渡邉浩史郎)

第2試合

 

瀬戸熊が東場の親番で満貫、ハネ満と高打点のツモアガリを連発して大きなリードを築くと、その後は確実なゲーム回しを遂行し、終わって見れば7万点台の大勝。チームを3位に押し上げた。

1位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)+95.9
2位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)+3.0
3位 岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)▲32.5
4位 二階堂亜樹EX風林火山)▲66.4

【観戦記】

その男【暴れ熊】につき――卓上の暴君・瀬戸熊 直樹は 最後まで攻めの手を緩めない(後藤哲冶)

■ピックアップMリーグ

零れ落ちた役満 高宮 まりの掌に残った宝石【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・4月10日】

役満・四暗刻を逃した高宮がさらにできたであろう選択について触れ、麻雀におけるさらなる気付きを促す内容となっている。

■4/10-4/14の結果

躍進したのはTEAM雷電。6戦で2勝ラスなしと着実にポイントを伸ばし、マイナススタートから3位まで浮上した。一方、パイレーツは4戦消化ながら3ラスと大苦戦し、マイナスを増やしてしまった。上位グループはKONAMI麻雀格闘倶楽部EX風林火山ともにセミファイナル開始時から少しポイントを減らしているが、まだまだリードは十分に保っている。

■4/17-4/21の注目ポイント

U-NEXT Piratesは今週、4日間全てで試合がある。現状は離れた6位に位置しているが、この連戦で一気に巻き返すことができるか。もし負け越すようであればセミファイナル敗退の1枠が事実上確定してしまいかねないだけに、選手起用も含め、パイレーツの動向には注目が集まるだろう。

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/