滝沢和典、 5連続2着の末、ついにトップ獲得!! 個人3位に浮上し、チームは2位に!!




滝沢和典、
5連続2着の末、ついにトップ獲得!!
個人3位に浮上し、チームは2位に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の24日目第2戦は、滝沢和典(EX風林火山)がトップを獲得。滝沢は待望の2勝目を挙げて個人成績3位に、チームは2位に浮上した。

2回戦の対局者は、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして滝沢

東1局、を仕掛けた滝沢がホンイツの1300・2600をツモアガリ。

東4局は萩原が、ドラが2枚の手で先制リーチ。これに受けていた滝沢が、終盤にチートイツのテンパイ。フリテンの待ちをハイテイでツモアガって1600・3200と、僥倖に恵まれる。

南3局、滝沢がピンフ・赤1の手で即リーチ。小林の追いかけリーチを受けるも、一発でツモアガリ。マンガンを加点し、トップを固める。

オーラス、滝沢はラス目の萩原のリーチに差し込んでゲームセット。個人2勝目を挙げた。

勝利者インタビューで滝沢は「すごくツイてたのに、トップを取りきれずにヤキモキしてました」と語った。

【Result】
1着 滝沢和典・EX風林火山 3万1000点/+52.5
2着 萩原聖人・TEAM雷電 2万5500点/+5.1
3着 小林剛・U-NEXT Pirates 2万4000点/▲16.1
4着 園田賢・赤坂ドリブンズ 1万9500点/▲41.5

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +140.8(24/90)
2位 EX風林火山 +118.9(24/90)
3位 TEAM雷電 +82.4(24/90)
4位 セガサミーフェニックス +37.3(24/90)
5位 U-NEXT Pirates +11.9(24/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲18.8(24/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲114.5(24/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲258.0(24/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月7日の対戦は
U-NEXT Pirates vs TEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズvs EX風林火山

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
実況:日吉辰哉
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs TEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズvs EX風林火山

この記事のタイトルとURLをコピーする