【麻雀小説】中央線アンダードッグ 第10話:情打ち【長村大】

中央線アンダードッグ

長村大

 

 

第10話

 

大会の予選などは、たいがい時間打ち切りというものがある。60分なりで、南4局まで終わっていなくても終了になるのだ。前局の途中に、立会人から「次の局で終了してください」とのコールがあったので、これが最終局となる。

これはおれにとってラッキーだ。

微差の三着目、本来なら細かい点数で連荘しても、結局次局にまくられる可能性がある。しかしこの場合は、アガればそれで終わりなのだ。もちろん流局テンパイでもかまわない。

 

サイコロを振って配牌を取る。牌山2トンを掴んで上山2枚を立てて、その右隣に下山2枚を並べる。右手だけを使い、途中で牌から手を離さずに一連の動作で行う。これを3回繰り返し、親なので、人差し指と中指、薬指と親指で最後の2枚を取って配牌完了である。これは最後が下家の山だった場合で、上家か対面の場合は親指と人差し指、中指と薬指の背で取ることになる。

こんなのはまあ細かい所作で、なにが正解という類の話ではない。当たり前だが、こぼしさえしなければどんな取り方をしようがかまわないのだ。

だが、おれはそういうのが好きだった。なるべく綺麗によどみなく、そして無駄のない動きで。両手でガチャガチャやるのはみっともない気がしたし、なんとなくプロっぽくないと思っていた。

今はもう自動配牌の卓がかなり普及しているので、巷の麻雀で「配牌を取る」なんてことはほとんどない。いいことだと思う、そのほうが早いし、配牌途中でこぼすこともない。おれも含めて、牌捌きも、みなあまり気にしなくなってきた。そりゃそうだ、そんなもん実力とは本来関係ない。

だがたまに、久しぶりに配牌取ってやりたいな、と思う。ただのノスタルジー、すぐに面倒くさくなるのだろうけれど。

 

おれ有利で始まったはずのオーラスはしかし、あっけなく幕を閉じた。5巡目、ツモ、ゴットー。手を開いたのはコニシだった。

おれとラス目との差は300点、500-1000をツモられると親っかぶりでラスである。コニシはこれでトップ、4連勝で一位通過だが、だからといってなにか特典があるわけもない。

「…辛いな、おまえは」

冗談まじり、言ってみた。

「情かけてほしかったの?」

コニシが答える。もちろんコニシの情(じょう)打ちを期待していたわけではない。勝ち上がりが確定的だといって取れるトップを捨てる理由はない、おれでもそうするだろう。たまたまそれがコニシだっただけの話だ。

「コニシさんのおかげで落ちたっぽいな」

「まあでもどうなの、けっこう微妙なんじゃない?」

他愛のない話をしつつ、集計結果が出るのを待つ。そう、ラスとはいえ、微妙なところではある。だが正直なところ、負けたとてそれほど悔しいわけでもなかった。残りそうなところから落ちた悔しさは多少あるにせよ、よくあることと言えばよくあることだし、そもそもまだ一次予選の20%勝ち上がりだ。先は長いし、だいたい負けるものでもある。

 

マイナスで終わった者、敗退が確実な者は帰り支度をし、すでに店を出るやつが現れはじめたころ、立会人が言った。

「集計結果が出ました、一位はコニシ選手」

パラパラとまばらな拍手が起こり、続いて結果順に名前が呼び上げられていく。

「……以上が二次予選勝ち上がり者となります」

おれの名前は呼ばれなかった。

「やっぱダメだったか、おまえのせいだぞ!」

笑いながら立ち上がろうとしたとき、再び立会人が声を張った。

「プラス小山田選手と〇✕選手は補欠になりますので、二次予選当日、会場に来てください」

 

補欠。当日に急の欠場者が出た場合、繰り上がりで出場できる権利である。

「うわあ、めんどくせえ」

思わず本音が出てしまった。

こういう大きな大会の場合、ほとんど欠場者は出ない。だいたいが行くだけ行って、ハイお疲れさまでした、となるだけだ。とはいえ万が一欠場者が出たら、と思えば行かないわけにもいかない。

「負けるならスパっと負けたほうがマシだよな」

苦笑いでコニシに話しかけ、おれは会場を後にした。

 

帰りの電車を待ちながら筒井康隆を開いたが、あまり集中できなかった。文字を追っているだけだ、内容は右から左に抜けていく。仕方なく本を閉じて総武線に乗り込み、ドアの手すりにもたれて外を見る。

夕刻というにはまだ早い時間、市ヶ谷の釣り堀にはまだ、糸を垂れている人々がいる。100万回見た光景だが自分で行ったことはない。そもそも釣りというものをやったことがない、楽しいのだろうか。

市ヶ谷を過ぎて四ツ谷信濃町千駄ヶ谷代々木、次の新宿でたくさんの人が降りてたくさんの人が乗る。大久保東中野、このあたりまで来るとようやく、自分のテリトリーに帰ってきた気になる。

中野の次の高円寺で、なんとなく下車した。

安くて有名な駅前の焼き鳥屋「大正」はすでに、仕上がった中年男性が詰め込まれている。バンドマンが騒いでトラブルでも起こしたことがあるのだろうか、表にはでっかく「金髪入店禁止」の貼り紙がしてある。なんという傍若無人なルール、今では考えられないし、「大正」以外で見たこともない。

金髪入店禁止を横目に見ながら、ガード下を阿佐ヶ谷方面に歩く。アジア雑貨屋で安いお香を買った後、中古レコード屋の店先で300円CDコーナーを物色する。基本的には数年前に流行って大量に出回ったCDばかりでそれらには用がないが、たまに掘り出し物が混じっていることがある。この日はボウズだった。

さらにまだ開店していないスナックや飲み屋の類を通り過ぎ、味というよりは存在感で有名な定食屋「カケフ」を過ぎると、あとはもう殺風景なガード下を歩くだけだ。

道中ずっと考えていたこと、おれはほんとうにコニシのアシストを期待していなかったか? 勝ち決まりのコニシが甘く打ってくれるかもしれないと、少しも思わなかったか? そうだったとして結果が違ったかはわからない、少なくともオーラスに関して言えば同じだったろう。だが、もしかしてどこかに気の緩みがあったとしたら?

 

負けてからこんなことを考えるのは、おれにしては珍しい。

いずれ自分の脳内のことながら、しかし答は出なかった。

 

家に辿り着き、あまり集中できないまま効率悪く原稿仕事を少しやって、その日は缶ビールを一本だけ飲んで寝た。

 

 

第11話(5月11日)に続く。

この小説は毎週土曜・水曜の0時に更新されます。

 

長村大
第11期麻雀最強位。1999年、当時流れ論が主流であった麻雀界に彗星のごとく現れ麻雀最強位になる。
最高位戦所属プロだったが現在はプロをやめている。著書に『真・デジタル』がある。
Twitterアカウントはこちら→@sand_pudding
この記事のタイトルとURLをコピーする