西原理恵子 & 山崎一夫 ブラック企業大賞!どこも可能性がある。

ブラック企業大賞
どこも可能性がある

ブラック企業大賞というのがあるそうで、調べてみたら、有名な飲食店や家電量販店や美容クリニックなどがたくさんノミネートされてました。

度を越した超過勤務があったり、残業代が支払われなかったり、有給休暇を取らせなかったりと、厳しい実態が報告されています。

「自分の仕事や店はどうだろう?」

私は零細企業の経営が30年と長いので、振り返ってしまいます。
結論から言うと、ノミネートされてる企業と大差無いかそれ以下なのが現状です。

ノミネートされてる企業は上場会社が多いので正社員がたくさんいますが、かつてのような手厚い待遇ができていません。
これは今に限ったことではないです。昔あるハンバーガーチェーンは、

「店長への不払い賃金の総額が、本部の年間利益とほぼ一致してる」

と噂されたことがあります。
当時ブラック企業と言う言葉はありませんでしたが、実態は店長の献身と犠牲で会社が支えられていたんです。

今も広く行われていると思いますが、店長が申告した残業代を払わないのではなく、店長が申告できない、職場の雰囲気があるんでしょうね。

「規定の勤務時間数、もしくは予算内の人件費で店を回せないのは、店長の能力に問題がある」

能力を疑われると、基本給を下げられる恐れがあるので、結局店長がタダ働きをすることになってしまうんです。
経験の浅い従業員を「名ばかり管理職」にして残業代を払わないケースも昔からです。
「名ばかり管理職」の前には「名ばかり正社員」もあるし、潜在的なブラック企業は多そうですね。

「あたしなんて、ひとりブラック企業みたいなもんよ」

漫画家の西原理恵子さんは言います。

「仕事があるうちに、一つでも多くやろうとすると、長時間労働にならざるを得ない」

西原さんは、漫画家としてデビューする前に苦労したので、仕事の有難みが身に染みているようです。
あまりにも働き過ぎて、肉体的にも精神的にも持たなくなって来たので、マネージャーと相談して一計を案じました。

今の原稿料の法外が値上げ要求すれば、仕事が減るかもしれない、というものでした。
交渉するのは長年の相棒の女性マネージャーです。

結果は、ほとんどの出版社が値上げに応じてくれたので、狙いとは裏腹に仕事を断る口実は無くなってしまったそうです。

「失敗、でもこんなに貰えるな成功じゃ」

西原さんだからできたことかもしれませんがこれは重要なポイントだと思います。
十分な対価があれば、長時間労働もある程度は進んでできてしまいます。

「仕事が減ると、漫画で笑ってくれる人も減るので、それは本当は嫌だった」

報酬プラス自分や会社のミッションに納得することだと思います。

 

仕事が継続できるように
交渉してみる

20年以上も前のことですが、家電の量販店で「正社員でも30歳以上はいじめられてクビになる」と言われてる会社がありました。

厳しいノルマを課して、達成できないと叱責や降格減給をするんだそうです。
ノルマを達成するために、自分で商品を買うこともあったそうです。

私の母親は長く生命保険の勧誘をしていたので、時々そういうことをやってました。
私が知らないうちに、私の保険を掛けて、それを自分の給料で払うとか。
一部の車のディーラーにもあります。

「まず自分で車を買って、家族と友だちに車を買わせて、コネで売る先が無くなったらクビ、その繰り返し」

こういう会社を転々とし、ローンがいっぱいの人もいるんだから恐ろしいです。

「うちの会社はブラック企業だと思う」

現在、働いている若者の3分の1くらいがそう感じているそうです。

先に書いたように、昔からそういう職場はあったんですが、ブラック企業という言葉が無かっただけ。
その時代ごとに、会社ごとに個人ごとに、状況を切り抜けていくしかありません。
そのひとつがアサーションです。正確な日本語訳は知りませんが

「穏やかな自己表現」

「相手の立場も考えた自己主張」

などと紹介されています。

納得のいかない待遇を改善して欲しい時や、もっとやりがいのある仕事にチャレンジしたい信頼できる上司に相談してみましょう。上司も同じ悩みを抱えていることが多いし、実は社長もそうだったりします。

「ブラック企業大賞なんかに、ノミネートされたくない」

給料を上げてくれというのは、正当な主張ですが、仕事の内容を変えない限り、上がりません。
何をどうすれば、どう待遇が変わるのかを教えてもらいましょう。

ただし、違法な残業代未払いが続くようなら、会社も自分も継続できないので、早めに辞めたほうがいいと思います。

 

 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2015年3月1日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は9月23日更新予定)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!