鈴木たろう、驚異の高打点&連続和了!! 最高レコードを更新してドリブンズ首位到達!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

鈴木たろう、驚異の

高打点&連続和了!!

最高レコードを更新して

ドリブンズ首位到達!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の89日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。南場に入って高打点を連発した鈴木が、レコード更新となる11万2800点での特大トップ。ドリブンズを首位の座に押し上げた。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス東城りおU-NEXT Pirates仲林圭、そして鈴木の4名。

東場を3着目で折り返した鈴木、南1局に多井のリーチを1フーロのトイトイタンヤオ三暗刻のツモアガリでつぶすことに成功。2000・4000で微差のトップ目に立つ。

次局親番を迎えた鈴木は5巡目リーチ。カン【4ピン】待ちのドラ1・赤1を多井から仕留めて7700点。

同1本場は、仲林と東城のリーチ合戦となるが、アガったのは鈴木。ピンフタンヤオ・ドラ1・赤1の12000点を仲林から討ち取ってリードを広げる。

鈴木はハネマンハネマンマンガンハネマンと都合7局連続でアガり続け、Mリーグレコードとなる11万2800点を持って試合終了。

Pirates・仲林をハコ下に沈めて逆転、ドリブンズがついにレギュラーシーズンの首位の座に着いた。

鈴木はインタビューで、

「どうしたんだろうっていう…。なんかおかしいなって思ってたんですよ(笑)。(連続でアガりはじめて)途中から楽屋を想像しちゃったんですよ。今どんな感じで賢ちゃんとまきどん、どんな感じで騒いでるかなって思ったら笑いが止まらなくなっちゃって…。なんか申し訳ないなって気持ちだったんですけど」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 11万2800点/+132.8
2着 東城りお・フェニックス 1万100点/▲9.9
3着 多井隆晴・ABEMAS ▲9700点/▲49.7
4着 仲林圭・Pirates ▲1万3200点/▲73.2

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +499.3(80/96)
2位 U-NEXT Pirates +437.0(80/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +316.5(78/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +197.1(78/96)
5位 渋谷ABEMAS +60.4(80/96)
6位 セガサミーフェニックス ▲313.6(80/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲334.0(80/96)
8位 BEAST Japanext ▲388.2(78/96)
9位 EX風林火山 ▲474.5(78/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvsPirates

2月26日(月) 19:00 〜 2月27日(火) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvsフェニックスvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/