佐々木寿人、四暗刻ツモアガリ!! 今季初の役満を成就して個人通算4連勝達成!!

佐々木寿人、

四暗刻ツモアガリ!!

今季初の役満を成就して

個人通算4連勝達成!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」の2日目、第1戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場を音無しで過ごした佐々木が、南場の親番で四暗刻をツモ。一撃で勝負を決め、レギュラーシーズンから通算4連勝を成し遂げた。

第1戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎U-NEXT Pirates朝倉康心、そして佐々木の4名。

東1局は、朝倉が内川から2000点のアガリ。東2局の朝倉の親番では、赤1の手をリーチ・一発・ツモの4000オールに仕上げ、リードを築く。

同1本場は、南家の魚谷が赤2の手を同じくリーチ・一発・ツモの2000・4000。

東3局の魚谷の親番では、内川がリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1の2000・4000。佐々木以外の三者がマンガンのツモアガリを決める。

南1局、後がない佐々木の親番。朝倉のリーチをファインプレイで放銃回避し、かつ親番をキープできて迎えた1本場。トイツ形の手牌はみるみるツモリ四暗刻となり、佐々木はテンパイ即リーチをかける。

ほか三者がオリに回った末に、佐々木が今季初の役満となる四暗刻をツモアガリ。

2着にはラス親でチンイツ・赤1の6000オールを決めた内川、3着にはオーラス1本場のリーチ・ツモ・ピンフの700・1300の1本場で100点差で魚谷が滑り込み。序盤を快走した朝倉は、放銃セロで4着という結果に終わった。

佐々木はインタビューで、

「セミファイナル初戦ですから、非常にいい感じで終れましたね。ようやく今季初役満が出ました。うちのチームは良くなかったんですけど、これで200ポイントに乗ったと思いますが上を向いて行けるんじゃないかと思います」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 6万9900点/+89.9
2着 内川幸太郎サクラナイツ 1万6800点/▲3.2
3着 魚谷侑未・フェニックス 6700点/▲33.3
4着 朝倉康心・パイレーツ 6600点/▲53.4

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +259.7(2/16)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +214.4(1/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +85.3(1/16)
4位 セガサミーフェニックス +81.6(3/16)
5位 U-NEXT Pirates +67.4(3/16)
6位 EX風林火山 +41.6(2/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ2日目 

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月22日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ2日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!