麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「空中決戦」観戦記【B卓】Mリーガー園田賢&石橋伸洋を喰らえ!次世代プロ達の挑戦




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「空中決戦」【B卓】

Mリーガー園田賢

&石橋伸洋を喰らえ!

次世代プロ達の挑戦

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎 2019年6月23日(日)

 

対局前のインタビューで、タイトルはないものの、Mリーグでは活躍した園田賢は今度はチームとしてのタイトルだけではなく、個人のタイトルを渇望していた。

タイトルをいくつも持っている渋川難波もタイトルを獲得した後に思ったように活躍できず、この最強戦での再起を図っている。

この「最強位」というタイトルを獲得し、来年以降活躍する雀士は誰になるのか?そしてこのメンバーの中にいるのか?見ていきたい。

 

東1局

対局終了後に渋川と蛯原朗が悔いている局面があった。まずは親番の渋川から。

皆さんならば何を切るだろうか?大多数の人は渋川が選んだようにを選ぶんじゃないでしょうか?河を気にする人はからかもしれない。

「ここでに手を掛けていれば…」

渋川は言った。

これは裏目のを引いたときに、タンヤオ三色が目の前に見える牌姿。

実際に渋川の手牌はこうなった。

ピンフノミの三面張聴牌。だが、河にが2枚並んでいる。

結局の所を切っていても同じ形にはなるが、打点が違う。安い3面張よりも高い愚形の方が短期決戦では勝ちやすい。

続いては蛯原。渋川の親の3面張リーチを貰った。

ここから、通りそうなを落とさずにソウズが全く通っていない現物のに手を掛けた。ピンズの上がたくさん切れており、カンが良く見えすぎた。

「ソウズが通っていない以上、で安全に行くべきだった」

 

振り込んだ蛯原も三色ではなくイッツーを狙っていれば、5200のリーチが打てたし、アガった渋川もを切っていれば5800だった。

麻雀には正解不正解というものは存在しない。自分の選択をオーラスが終わるまでに正解にさせなければいけない。

東1局一本場

親の渋川がまたもや先制リーチを打つ。

今度はメンピンドラ1で打点があるものの、外しで待ちが若干透けている。だが打点上リーチだ。

これに追いついたて、さらにリーチを掛けたのが園田。

これも良くリーチを掛けられるなと園田の読みに感心させられる。いくらが良く見えていてもこの後、危険牌を引いたら…と考えるとヤミテンにする人も多くいそうだ。

これは園田の山読みと、手牌の打点。両方あるから行くのであって、この二つが無ければリーチとはいかないはずだ。

このを一発でツモってマンガン。これぞ、ドリブンズをMリーグ覇者にした麻雀の神髄だ。

その後は、高い打点も出ず東2局を園田が1300。東3局は石橋の1000-2000。東4局は流局で南入した。

南1局

石橋伸洋のゲームメイクが光る。まずはポン。

ここからドラのを切った。点数を持っている園田は別にしても、ドラを渋川や蛯原に鳴かれてもこの手牌じゃ降りない。ならば、重なる可能性が減るように早めに切るのが良い。

そして、このドラを切ることの効果は。

この園田の打。これを引き出したかった。

これを石橋がチー!

渋川の親番を流したいという利害は一致している。なら、ドラ打ちで手が安いことと、手がまとまっていそうな石橋にアガってもらう。

そして石橋がツモ!見事な300-500だ。

南2局は場に安いピンズで渋川が園田に七対子ドラドラの6400の放銃。南3局は流局で、蛯原はマンガンツモ。渋川は跳満ツモアガリの条件が残った。

南4局

親で2番手の石橋は手牌が悪く手を組まない。

そして自身がアガろうとドラのを園田が切ったらマンガン条件の蛯原がポン!

この記事のタイトルとURLをコピーする