【雀魂】麒麟戦2021【観戦記】

文・縦鳥千波

雀魂-じゃんたま-は2020年11月には登録者数250万人を突破している、今最も勢いのある麻雀アプリである。

そんな数多の雀魂プレイヤーの中でランキングTOP100のプレイヤーのみが参加できる大会がある。それが四象戦 夏の陣、秋の陣、冬の陣、春の陣(開催順)である。

今日まで、季節を司る四象(朱雀、白虎、玄武、青龍)の名を冠する、4人の優勝者が決まっている。では、「四人の中で誰が一番強いのか」、そう思うのは自然の理だ。

2021年4月17日

この日、四象戦歴代優勝者4人が集まった。

雀魂最強の座「麒麟位」をかけて神々の戦いが開催されたのだ。

強者4名とは

四象戦を振り返りつつを4人を紹介していこう。

まずは最初に開催された夏の陣、優勝は「ずらまる」。

放銃率がわずか8%代ととても低く、粘り強いのが特徴。準決勝、持ち点わずか100点からの復活劇をみせ、痛烈な印象をのこした。秋の陣でも準優勝をし、確かな実力を証明してみせている。

秋の陣の優勝者は「鴨神にゅう」。

雀魂公認プレイヤーの世界最強麻雀AIバーチャルYouTuberということで知っている方も多いのではないだろうか。特徴は完璧を追及する麻雀で、細かい差の選択も妥協なく考える部分である。また、差し込み、赤切り、先切り、ブラフ、なんでもするのも特徴である。

冬の陣の優勝者は「てんてん。。」。

特徴は24%をこえる高い和了率である。決勝でも手数の多さをみせつけ6万点を大きく超えるトップをとり、完勝をはたしている。

春の陣優勝は「raindea」。特徴は押しの強さである。打点をみた手組ををして一度テンパイすると簡単には降りない。春の陣決勝でもトップ目から七対子で押し続けたり、リーチのみのカン【5マン】をすぐにリーチして一発ツモするなど、勝利をもぎ取るような強気な選択が印象的であった。

このように4者4様の強者がそろったわけだ。

麒麟戦は半荘を3回行い合計点を競うことになる。

実況:小林未沙  解説:土田浩翔  ゲスト:ルイス・キャミー

 

一回戦東1局、いきなり悲劇が

東1局【5マン】【8マン】待ちで先制テンパイをいれたraindeaだが、役は平和のみで、ドラがみえておらず、【5マン】【8マン】は5枚切れてしまっており、待ちが悪い。リーチしにくいところだ。

しかし、raindeaらしく強気にリーチを選択。

そこへ鴨神にゅうが追っかける。1対2と打点も待ちも鴨神にゅうが有利だ。

しかしなんと海底で鴨神にゅうが最後の赤【赤5マン】をつかみ、7700の放銃となってしまう。これには解説の土田もこの表情だ。

raindeaの手筋がすごい!!


東3局、南家のraindeaの手はどの打点をみるのか、あるいは広さをとるのか難しいところだ。

raindeaは【西】を選択。トップ目ということもあり、広さをみて【3マン】【6マン】は残しておきたい。

次巡、【1ソウ】がでるとこれをポンして打【3マン】。役牌バックにし安牌をかかえつつ、打点もみつつ、ネックを解消するための一打。

さらに【發】が鳴けると、【6マン】も切ってしまう。大幅に速度は落ちてしまうが、なんとraindeaはトップ目からドラ【1ピン】を使いきる選択をとった。

麒麟戦のルールでは2-3-4位間の1着順の差が1万点ぶんしかない。ただトップをとるだけでなく素点も大事ということだ。ここでもraindeaらしい強気な選択が伺える。

なんとこの選択が大ハマり。2人のテンパイをかわし、7700をあがることに成功する。この7700をあがれる人は少ないのではないだろうか。思わず解説の土田も天を仰ぐ。

鴨神にゅうの繊細さ

南3局

ラス目で後がない鴨神にゅう【6ソウ】ポンから発進。

このラス親は10連荘くらいしてやるという気持ちでやっているだろう。

そこへ下家からリーチがかかる。【4マン】も通りそうなところではあるが、鴨神にゅうは冷静に【6マン】を選択。ここから【6マン】【7マン】【8マン】のメンツができても他の牌を切り切れないという判断か。

【6マン】が4枚みえ、何も考えず【7マン】を打ってしまいそうなところだ。

しかし、最強麻雀AIこと鴨神にゅう【4マン】を選択。どちらも両面にはあたらないが、愚形のあたりやすさに差がある。

【7マン】【5マン】【7マン】【7マン】からの【5マン】切りリーチで当たる可能性があるが、【4マン】【4マン】【5マン】から【5マン】を切ってリーチしていることはないだろう。

細かいところだがサボらずにやるあたりAIらしい選択。

南4局

トップ目のraindeaが早い役ありテンパイをいれたとこへすぐに【7ピン】が出てトップを決める。これまで素点にこだわってきたraindeaだが、三色変化やすべてのドラの受け入れがあり、素点の意味でもダマテンとしたのだろう。1回戦目を終えてこのような結果となった。

赤3炸裂の2回戦

東1局、1戦目ラスの鴨神にゅうの親だが、配牌が悪い。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!