雷電のMリーグは私が終わらせない! 黒沢咲が終末の戦場で放った魂のリーチ【Mリーグ2020観戦記3/8】担当記者:山﨑和也

雷電のMリーグは

私が終わらせない!

黒沢咲が終末の戦場で放った

魂のリーチ

文・山﨑和也【月曜担当ライター】2021年3月8日

1試合目。それはまさしく内川劇場であったーー

荒々しくをたたきつける。オーバーキルの3000―6000。

まるで悪魔が憑依したかのような、普段の内川とは似つかぬ狂気に満ちた姿に恐怖すら覚えた。勝負の顔だ。これが最終盤の気迫。気づけば下位であえぐ2チームが沈んでいた。

 

ふたりはトップを取らねばならなかった。だが、内川の持つパワーに為す術がなかった。

1試合目を終えてのチームランキングはこちら。1位争いも面白くなってきたが、それ以上に目を引くのはボーダーラインに届いていない2チームだろう。その雷電とPiratesが直接対決である。もう残り3試合となってはトップを取らないと6位浮上は厳しい。

しかしトップの席は1つしかない。つまり、実質どちらかのチームが脱落しかねない最大の正念場を迎えたのである。

 

今回はチームの命運をかけて立ち向かったふたりにスポットを当ててお送りする。

3月8日 2回戦

東家 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

南家 小林剛U-NEXTパイレーツ

西家 黒沢咲TEAM雷電

北家 藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

東1局

 

小林の手はチャンタが見える手。

黒沢はが対子。この手が小林に渡っていたらを鳴いて1000~2000点にまとまりそうである。

を重ねても重なった。これで対子が5組。ここで黒沢はを切った。チートイツに決めてどれも鳴かない宣言である。

チートイツに決め打ったのが大正解となった。を切って単騎のリーチをかける。

堀が安全牌のを切ったのを見て、小林がペンチャンでチー。一発を消しながら123の三色の可能性を残して前に進む。黒沢が鳴かないタイプなら小林は鳴く。小林と黒沢、タイプが真逆なふたりがいまぶつかっている。

すると黒沢アガり牌であるが藤崎のもとにいった。黒沢の選択に続いて小林の鳴いた判断もまた正解だったといえよう。もし小林が鳴いていなかったら、黒沢が一発でツモっていたのだ。

藤崎の手はご覧の通りメンタンピン系でまとまっていた。数巡粘ったものの十分形になってしまいあえなくを放銃してしまった。

裏は乗らずリーチチートイツの3200点で黒沢が半歩前に出る。

東2局

この局は藤崎が忍者らしからぬ目立った動きを見せていた。を鳴いて上図の手。が重なれば小三元の完成である。

その藤崎に対し慎重に手を進める3人。東2局とはいえもう大物手に放銃はできない状況だ。堀はイーシャンテン。

小林もイーシャンテン。が4枚手の内にきたが、ここはカンをせずを落とした。ドラ表示牌と河に1枚切れなので絶対に当たらない牌だ。手堅い。

藤崎にテンパイが入る。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!