麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「空中決戦」観戦記【A卓】“たかがネット麻雀”という中傷を覆した「天鳳」プレイヤー達の戦場




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「空中決戦」【A卓】

“たかがネット麻雀”

という中傷を覆した

「天鳳」プレイヤー達の戦場

【A卓】担当記者:masasio 2019年6月23日(日)

 

「ネット麻雀」

 

皆さんはどのようなイメージがあるだろうか?

「どうせゲームの麻雀でしょ?」

「イカサマがあるんじゃないの?」

「ラスを引かなきゃいいんだよね?簡単じゃん」

「回数さえこなせば上に上がれるんだよね?」

・・・

「違――――――――う!!!」

筆者もネット麻雀「天鳳」をプレイする一人であるが、上に述べた数々の罵詈雑言(悪気がないのは分かるが)は私が実際に言われたことのあるものである。

もちろん私も「違う!」と否定したいのだが、曖昧な返答をしてきたように記憶している。

麻雀最強戦2019

アース製薬杯男子プレミアトーナメント

「空中決戦」A

「ネット麻雀」とは何かを教えてくれるのに最適な4人が激突する。

東家スタート

ZERO

オンラインネット麻雀「天鳳」(以下天鳳)において最高段位である十段を複数回達成。

5000試合以上のランキングで堂々の1位を誇る、天鳳最強プレイヤーの一人だ。

Mリーグの観戦記でご存じの方も多いだろう。

今回対戦する4人の中で唯一天鳳位(十段の上の位)になっていないが、実力で劣っているということはないだろう。

4人の中で一番攻撃的で、一番引き出しが多いのではないだろうか。

気合の天鳳Tシャツを着て参戦だ。

南家スタート

 

朝倉康心/ASAPIN

初代天鳳位にして第11代天鳳位。

プロ入り後は最高位戦Aリーグ昇級、

Mリーグに指名されるなど大活躍。

言わずと知れたネット麻雀界の先駆者である。

麻雀は4人の中で一番対人重視、場況重視といえるだろうか。

実力、実績ともに一歩抜きんでているイメージがある。

 西家スタート

齋藤豪/gousi

今まで誰も成しえなかった、麻雀プロで天鳳位を達成した齋藤。

満を持して最強戦に初参戦だ。

天鳳での実績はもちろん、麻雀プロ歴も長く競技タイトル獲得の経験もある。

ようやくたどり着いたこの舞台、一番力が入っているのではないだろうか。

麻雀は4人の中で一番オーソドックス。繊細で丁寧な印象だ。

是非参考にしていただきたいと思う。

北家スタート

石川遼/すずめクレイジー

第4代天鳳位。

休日しか打たないという徹底した自己管理で天鳳位を達成。当時は話題になった。

4人の中で一番守備寄り、メンゼン寄り。

昨年の最強戦では一回もアガれずに敗退してしまった。