麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「空中決戦」観戦記【A卓】“たかがネット麻雀”という中傷を覆した「天鳳」プレイヤー達の戦場




麻雀は4人の中で一番オーソドックス。繊細で丁寧な印象だ。

是非参考にしていただきたいと思う。

北家スタート

石川遼/すずめクレイジー

第4代天鳳位。

休日しか打たないという徹底した自己管理で天鳳位を達成。当時は話題になった。

4人の中で一番守備寄り、メンゼン寄り。

昨年の最強戦では一回もアガれずに敗退してしまった。

その悔しさを晴らすことができるか注目だ。

 

東1局1本場供託2本

流局をはさんで親のZEROがをポンしている。

石川が4巡目にテンパイ

供託が2本あることも後押しして、リーチを掛ける人が多そうだが、石川はを切ってテンパイを外した。

巡目も早く、この手をリーチのみで終わらせるにはもったいないということだろう。

形的にもすぐに復活できそうだ。

石川らしい選択と言っていいだろう。

一方、齋藤

 

からを切った。

を切ればチャンタの見えるイーシャンテンだがもちろん切り間違いではない。

親のZEROの仕掛けに対応している。

ZEROの河は

ポン)
※( )はツモ切り

何の変哲もない河だが、生牌のダブを手出しした後にドラそばのを手出しということで、かなりまとまってそうに見える。

まだテンパイかどうかは微妙なところだが(実際はテンパイが入っていた)、石川が切ってチーされておらず安全度の高いを切った。

が2枚切られて自分の手の価値が低いということもあっただろう。

齋藤の繊細さが良く分かる一局だった。

この局は2人がらしさを見せるもZEROが500は600オールのツモアガリ。

供託を回収していく。

東1局2本場

朝倉

を切ればめいっぱいだが、手があまり良くないので安全牌として持っておきたい。

ではを切るのかというところだが、はトイメンが2枚、上家が1枚切っており安全度が高く、が山に残っていそうなので残しておきたい。

ということでを切った。

少し進んで今度はドラのを切った。

引いてきたが3枚見えており、一人の筋にもなっている。

生牌のドラよりは明らかに安全度が高そうだ。

ここでドラを切っておかないと、巡目が進んで切れなくなってしまうかもしれない。

将来の形式テンパイを見据えた朝倉らしい進行だ。

このドラ切りはなかなか真似できないかもしれないが、安全度の高いを残して手を進めるのは是非マネしていただきたい。

テンパイで充分だったと思われるが、メンゼンでテンパイ。