麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「空中決戦」観戦記【決勝卓】“ゼロ・システムと魔法と、時々ロケットランチャー”園田賢、ZERO、石川遼、蛯原朗の息詰まる攻防




麻雀最強戦2019

男子プレミアトーナメント

「空中決戦」【決勝卓】

“ゼロ・システムと魔法と、

時々ロケットランチャー”

園田賢、ZERO、石川遼、

蛯原朗の息詰まる攻防

【B卓】担当記者:真中彰司 2019年6月23日(日)

 

今回で男子プレミアトーナメントも3回目。

前の2回とはガラッと毛色が変わり、「天鳳」で名を馳せた選手たちが多く登場する予選となった。

そんな激戦の予選卓を勝ち抜いてきた、4名の選手を紹介しよう。

まずはA卓1位通過、

「天鳳位に最も近い男」ZERO

天鳳十段に5度到達し、麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」を出版するなど、幅広い活躍を見せている強豪雀士。Mリーグ観戦記でもお馴染みの男がついに最強戦にやってきた。

予選A卓では初代天鳳位・ASAPINこと朝倉康心から奪った点棒を守り切って1位通過。

決勝でもゼロ・システムが炸裂するか?

 

続いてA卓2位通過、

「最速の天鳳位」石川遼

解説の山田独歩プロ(3代目天鳳位)に続く4代目天鳳位。

歴代最速の2404で天鳳位まで駆け上がった。

その雀風はまさに林の如し。天鳳では珍しい門前守備型で、重い一撃で試合を決める。予選A卓ではただ1度のアガリ(1300-2600)で2位に食い込んだ。

非常に腰の重い打ち手だが、トップ取りの麻雀ではどのような打ち回しを見せるのか。

 

3人目はB卓1位通過、

「卓上の魔術師」こと園田賢

Mリーグでは赤坂ドリブンズのポイントゲッターとして活躍し、チーム優勝に大いに貢献。実は第17期麻雀最強戦で決勝に進出している。

その打ち筋は実に変幻自在。特に予想外の鳴きで相手を惑わせ、鋭い選択でアガリやテンパイまで持ち込む様は「魔法」と形容されるほど。

予選B卓では存分に実力を発揮し、相手の決定打を完璧に阻止して1位通過。決勝戦でもSONODAマジックに期待だ。

 

4人目はB卓2位通過、

「ミスター新人王」蛯原朗

プロ連盟の24期新人王であり、さらに第1回のモンド新人王でもある。モンド杯のイメージが強いが、天鳳十段に2度到達している。

予選B卓では手が入らずに苦しんだが、オーラスに満貫条件をクリアして逆転通過。初アガリで決勝進出という、とにかく「初物」に縁のある雀士だ。

つまり初出場の今回が最大のチャンスか…?

3枚目の切符を賭けて、決戦のゴングが鳴り響いた。

まずは石川が挨拶代わりのジャブ2連発。

東1局はツモのみで300-500のアガリ。

東2局では確定三色を待ちのヤミテンに構え、園田から2600点のアガリ。

2局とも守備を重視する石川らしい選択だった。しかし東1局はともかく、東2局の確定三色をリーチしないのはいささか勿体ないように感じられた。

トップ取りのこの半荘では、高い打点でリードを取れば一気に有利になる。それが自分のスタイルだと言われればそれまでなのだが。

そして続く東3局、局面が大きく動いた。

園田がドラ1の手をカンでテンパイ。

の切れ具合から、索子の下はアガリが見込めると読み、即リーチといった。

蛯原も応戦していたが、園田の高精度のリーチに屈しやむなく撤退。

もはやお馴染みとなった、このリーチ後の回転ツモモーション。

園田の場況読みはズバリ的中し、スルッとアガリ牌を手繰り寄せた。

この記事のタイトルとURLをコピーする