麻雀最強戦2019男子プレミアトーナメント「空中決戦」観戦記【決勝卓】“ゼロ・システムと魔法と、時々ロケットランチャー”園田賢、ZERO、石川遼、蛯原朗の息詰まる攻防

更に裏ドラも乗せ、満貫で微差ながらトップ目に立った。

またも園田の独壇場になるかと思われたが、そこに待ったをかけた男が一人。

そう、ZEROだ。

ターツが揃っていない形だが、ここからゼロ秒でをポン。

ZEROファンにとってはもはや合言葉、

ホンイツダッシュ」だ。

更にもポンするが、手牌はまだバラバラ。

しかしこれがゼロ流。材料が足りないなら道中で拾えば良い…はずなのだが…

そこにノリノリの園田からリーチが。しかもドラ対子の変則三面張。

これはZEROピンチか!?

そこは流石のゼロ・システム。既に材料集めは完了していた。

リーチ宣言牌のをポンして、待ちで追い付く。

そして園田にを掴ませ、ZEROが5200点のアガリ。

魔法を阻止し、園田の独走を許さない。

「空中決戦」の名の通り、ホンイツダッシュの威力を存分に見せつけた。

そして戦いは僅差のまま、膠着状態で南場へと突入。

南1局、着々と大物手を育てているのは石川。

仕上がればメンホン・七対子・ドラドラで倍満まである。

全国のすずめクレイジーファンの期待が高まっていく。

しかし、そう簡単に行かせてくれるわけがない。

蛯原が6巡目でイーペーコー確定のリーチをかける。

(半荘を通してテンパイ速度が異常に早いのは、つのだ氏の仕業だろうか…?)

石川は無筋の中張牌を2つも掴み、あえなく撤退。

逆に応戦したのは園田。を通すも、次巡のを止める術がなく放銃。

3900点の失点&親流れは痛いが、裏が乗らなかったのが不幸中の幸いか。

残り局数が少ないこともあり、南2局も激しいぶつかり合いとなった。

まず蛯原がチー、ポンで速攻を仕掛ける。

打点は無いが、他家の高打点を阻止するために必死だ。

かたや親番の無い園田は、打点を作るのに必死だ。

一番最初にのテンパイを入れるが…

1300点の両面リーチを拒否してテンパイを外した。

せめてタンヤオを付けて、満貫の見える手にしなければ勝負にならない。

そんな園田のもとにドラのが舞い込む。

タンヤオと三色で、一気に跳満まで見える手に進化した。

そして親番のZEROも黙っているわけがない。

選択の残らないを引き入れ、待ちの親リーチ。

直後に蛯原もテンパイ。入り目のを切って捌きに向かう。

そしてなんと、園田も同巡にテンパイ!

しかもドラ対子で、満貫確定のリーチをかける。

リーチに挟まれる蛯原。自分は待ちこそ悪くないが、のみの1000点。

しかし、降りる牌もない。ならば突き進んでいくしかない。

この記事のタイトルとURLをコピーする