帰ってきたセレブ打法!高宮まり・古谷知美・西嶋千春の攻撃を全て凌ぎ切った聖母・黒沢咲の鋼鉄の信念 麻雀最強戦2020「タイトルホルダーvs Mリーガー 最強の女流決戦」観戦記【決勝卓】

帰ってきたセレブ打法!

高宮まり・古谷知美・

西嶋千春の攻撃を全て凌ぎ

切った聖母・黒沢咲の

鋼鉄の信念

【決勝卓】担当記者:真中彰司 2020年9月6日(日)

タイトルホルダーvsMリーガー最強の女流決戦、ついに決勝卓へと試合が進む。

決勝卓に進出したのは、この4人だ。

A卓1位 西嶋千春

逆転の通り名で有名だが、今回は先行逃げ切りで突破。

最高位戦の名に懸けて、ファイナル進出を誓う。

A卓2位 古谷知美

意外にも最強戦は初出場。いきなり優勝でファイナル進出が見えてきた。

B卓1位 高宮まり

最強戦とはかなり相性が良い高宮。超攻撃型の勝ちパターンが決まれば大きい。

このままの勢いで強敵をなぎ倒し、勝ち進めるか。

B卓2位 黒沢咲

産休のブランクが危ぶまれたが、親番で茅森から豪快な18000を直撃。

オーラスの和久津との対決でも優雅に手を作り、2600オールで一気に決勝進出。

「セレブ打法」は今季も健在だ。

女流最強を決めるゴングが、卓上に鳴り響いた。

東1局

先制パンチは黒沢。暗刻2つの手からを切り、愚形を払っていく。

すると一盃口が完成。なんと四暗刻のイーシャンテンに。

これは一発で勝負が決まるか?

あわや役満というところだったが、ドラの単騎に変えてツモアガリ。

このドラは最後の1枚。驚異的な引きを見せつけた。

東2局

かたや東2局はリーチ対決。まずは高宮が先制リーチで待ち。

続いてを暗槓している古谷が、一通確定のペンで追っかけリーチ。

高宮との競り合いに勝ち、8000点を直撃した。

東3局

前局、痛恨の満貫を放銃した高宮。

しかし、やられたらやり返すのが、ベルセルクモードの高宮だ。

タンヤオのみのカンを即リーチすると、最後の1巡でツモ!

裏も乗せて4000オールになり、で放銃した点棒を、ツモで取り返した。

東4局1本場

高宮の親は古谷が流し、流局を挟んで1本場。

またも高宮のリーチ攻勢。Mリーグのリーチ率首位は伊達じゃない。

点棒の無い西嶋がダマテンからツモ切りリーチを敢行し、逆転を狙うも…

高宮のロン牌を掴んで放銃。裏も乗って6400点となり、トップ目に立った。

南1局

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!