ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

ライディーン達を

熱狂させる

暴君・瀬戸熊直樹の

『克己心』

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年11月15日

 

『克己心』(こっきしん)

それは、欲望を抑える心のことである。

自制心と言った方が早いだろうか。

そして、チーム雷電・瀬戸熊直樹の信条でもある。

そんな瀬戸熊直樹の所属するチーム雷電が、いま窮地に立たされている。

現在の雷電は、上位陣と約430ポイントも離れた7位。

なんとしても上位陣との差を詰めて、後半戦に繋げたいところ。

チームの命運は、リーグ首位タイの4勝を挙げている「暴君」瀬戸熊直樹に託された。

窮地のチームを救うため、そして全国のライディーン達(雷電ファンの通称)の声援に応えるため、瀬戸熊は卓上へ身を投じていくのであった…

『克己心』を胸に、様々な欲望を断ち切れるか。

【第1試合】

東家 チーム雷電 瀬戸熊直樹

南家 ドリブンズ 鈴木たろう

西家 パイレーツ 石橋伸洋

北家 アベマズ  白鳥翔

 

東1局、起家の瀬戸熊にいきなりの好配牌が。なんと第1ツモでイーシャンテン。

ツモ次第では三暗刻四暗刻まで見える、幸先の良い配牌だ。

5巡目でドラのダブが重なり、一気にチャンスが広がる。

…と思いきや、たろうが前巡にを処理していた。

ドラが切られた直後に重なるというのは、どうにも感触が良いとは言えないが、

あくまでツモに素直に、のターツを払っていく。

最終的には2枚目のをポンしてのシャンポン待ちでテンパイ。

高目のをツモれば8000オールだ。

しかし、このテンパイは瀬戸熊にとって「自分で入れた」ものではなく、「やむを得ず入れさせられた」ものなのではないだろうか。

恐らく本人としては四暗刻を最高形に見据えていたはずだ。

この時点で山に残っているアガリ牌は1枚ののみ。

腰の重い瀬戸熊のポンとあって、他家からの出アガリも期待できそうにない。

このたった1枚のをツモアガれるかどうかで、今日の運命が決まる。

そんな予感を感じさせるテンパイだった。

結果はツモアガれず1人テンパイで流局。

「大物手を逃してしまったか…」ライディーン達の心に暗雲が立ち込めていく。

次局は横移動で済んだが、瀬戸熊にとっては我慢の展開が待ち受けていた。

東2局1本場、

自風のが暗刻の手でをポン。

両面ターツも多いため、瀬戸熊なら面前で進めて満貫や跳満を目指すことも有り得る。

しかし、前局たろうに6000オールをツモられたことや、赤とドラがあって5200点以上が確保できていることから、このポンに踏み切ったのだろう。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!