ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

ライディーン達を

熱狂させる

暴君・瀬戸熊直樹の

『克己心』

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年11月15日

 

『克己心』(こっきしん)

それは、欲望を抑える心のことである。

自制心と言った方が早いだろうか。

そして、チーム雷電・瀬戸熊直樹の信条でもある。

そんな瀬戸熊直樹の所属するチーム雷電が、いま窮地に立たされている。

現在の雷電は、上位陣と約430ポイントも離れた7位。

なんとしても上位陣との差を詰めて、後半戦に繋げたいところ。

チームの命運は、リーグ首位タイの4勝を挙げている「暴君」瀬戸熊直樹に託された。

窮地のチームを救うため、そして全国のライディーン達(雷電ファンの通称)の声援に応えるため、瀬戸熊は卓上へ身を投じていくのであった…

『克己心』を胸に、様々な欲望を断ち切れるか。

【第1試合】

東家 チーム雷電 瀬戸熊直樹

南家 ドリブンズ 鈴木たろう

西家 パイレーツ 石橋伸洋

北家 アベマズ  白鳥翔

 

東1局、起家の瀬戸熊にいきなりの好配牌が。なんと第1ツモでイーシャンテン。

ツモ次第では三暗刻や四暗刻まで見える、幸先の良い配牌だ。

5巡目でドラのダブが重なり、一気にチャンスが広がる。

…と思いきや、たろうが前巡にを処理していた。

ドラが切られた直後に重なるというのは、どうにも感触が良いとは言えないが、

あくまでツモに素直に、のターツを払っていく。

最終的には2枚目のをポンしてのシャンポン待ちでテンパイ。

高目のをツモれば8000オールだ。

しかし、このテンパイは瀬戸熊にとって「自分で入れた」ものではなく、「やむを得ず入れさせられた」ものなのではないだろうか。

恐らく本人としては四暗刻を最高形に見据えていたはずだ。

この時点で山に残っているアガリ牌は1枚ののみ。

腰の重い瀬戸熊のポンとあって、他家からの出アガリも期待できそうにない。

このたった1枚のをツモアガれるかどうかで、今日の運命が決まる。

そんな予感を感じさせるテンパイだった。

結果はツモアガれず1人テンパイで流局。

「大物手を逃してしまったか…」ライディーン達の心に暗雲が立ち込めていく。

次局は横移動で済んだが、瀬戸熊にとっては我慢の展開が待ち受けていた。

東2局1本場、

自風のが暗刻の手でをポン。

両面ターツも多いため、瀬戸熊なら面前で進めて満貫や跳満を目指すことも有り得る。

しかし、前局たろうに6000オールをツモられたことや、赤とドラがあって5200点以上が確保できていることから、このポンに踏み切ったのだろう。

結果はこのとき残したが白鳥に刺さって2000点の放銃。

親の連荘という最悪の結果は防げたが、なかなか感触の良いアガリが掴めない。

次にチャンスが訪れたのは東4局。

9巡目にを引き入れて

ピンフ・赤赤の待ちでテンパイ。

しかも高目のツモだと三色がついて跳満になる。

道中のツモ切りや、

ツモからのの対子落としなど、瀬戸熊の高打点へのこだわりが河の随所に現れたテンパイだ。

注目を浴びているたろうの河にがあるため、ここはヤミテンで機会を窺う。

しかし、この局もたろうに満貫をツモアガられてしまう。

 

なんとか南1局の親番で巻き返そうと、イーシャンテンまで漕ぎつける。

しかし、たろうのリーチの一発目に持ってきたのはドラ跨ぎの

東2局1本場で白鳥に放銃し、東4局の大物手のアガリ牌だったがここでやってくる…

一発目は現物のがあるが、親だからとこのを押す人もいるのではないだろうか。

この時点でに手がかかってもおかしくない。

しかし、瀬戸熊はここから無筋である、そして続くをプッシュ。

きっとはテンパイ時に勝負すると決めていたのだろう。

この後ネックのが薄くなったため、この局はやむなく撤退。

しかし、の部分がだったらどこまで無筋を押したのだろうか?

このような「押しのifストーリー」を考えるのもまた面白い。

さて、放銃を回避したのはいいが、親番が落ちてしまった。

ここまで放銃は1回、アガリは0回。

我慢続きの展開で気が滅入りそうだ。

ライディーン達もまたマイナスか…と希望を失いそうになる。

それでも、瀬戸熊は徹底した我慢と形式テンパイで凌いでいく。

人事を尽くして天命を待つ。瀬戸熊は反撃の機会をずっと窺っていたのだ。

そして、運命のオーラスを迎える…

我慢の甲斐あって、満貫ツモで2着浮上できる点差になった。

その瀬戸熊の配牌。123または234の三色が見える手だ。

ドラがのため、やや123の方に気が向きそうになる。

しかし、

瀬戸熊が選んだ第1打はまさかのだった。

満貫が欲しいこの状況でドラ切り…単なる牌効率なのだろうか?

一体この状況でドラを切れる雀士は他に存在するのだろうか?

それほど衝撃的な第1打だった。

しかし、瀬戸熊は答えを知っているかのように手を進めていく。

そして7巡目。を引いてタンヤオ・ピンフ・高目三色のでテンパイ。

フーッと一呼吸おき、瀬戸熊は牌を横に曲げた。

我慢して、我慢して、必死に耐えてきたこの半荘。

果たして瀬戸熊に、ライディーン達に希望は訪れるのか…

 

 

 

バチィィィン!!

まるで稲妻のようなの一発ツモ。

裏ドラも乗せて4000-8000の倍満に仕上げてしまった。

瀬戸熊の座右の銘、

「克己心」の結晶

ともいえるアガリだ。

これには逆転された白鳥もお手上げの表情。

「マジっすか、瀬戸熊さん!?」

という声が今にも聞こえてきそうなところで、第1試合は幕を閉じた。

【対戦結果】

1位:たろう(ドリブンズ)+67.0 

2位:瀬戸熊(雷電)+14.2 

3位:白鳥(ABEMAS)▲21.4 

4位:石橋(Pirates)▲59.8

※お詫び

本当は第2試合も出来る限り書きたかったのだが、分量の都合上、結果のみをお伝えさせていただくこととなってしまった。どうかお許しいただきたい。

【第2試合】

1位:たろう(ドリブンズ)+69.5 

2位:瀬戸熊(雷電)+19.5 

3位:小林(Pirates)▲29.5 

4位:多井(ABEMAS)▲59.5

前半荘の勢いそのままに瀬戸熊とたろうがトップを争い、激戦の末にたろうが2連勝を決めた。そして多井は痛恨の初ラス。

この激戦をまた見たい方は、是非ビデオであの熱狂と興奮を再び味わってほしい。

この日を終え、チームランキングは上下の差が詰まる展開に。

チーム最下位脱出を狙う雷電、そして個人で最下位に甘んじていたたろう。

両者にとって、この2半荘は今後の戦いへの分岐点として非常に価値のあるものになったことだろう。

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsPirates

【関連記事】
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」