【熱論!21人のMリーガー】瀬戸熊直樹・チーム雷電〜直球だけじゃない!変化する暴君の麻雀〜

熱論!21人のMリーガー

瀬戸熊直樹・チーム雷電

〜直球だけじゃない!

変化する暴君の麻雀〜

文・真中彰司【TEAM RAIDEN担当ライター】

 

Mリーグロスの皆さまへ贈る、Mリーガー徹底分析コラム。

TEAM雷電から続いての紹介は、“卓上の暴君”瀬戸熊直樹選手だ。

ここまで20半荘を戦い、トータルでは▲98.9ptで個人15位。

その内訳はトップ5回、2着5回、3着3回、4着7回と、ややラスが多い様子。

なお和了率は19.43%で、放銃率は10.93%である。

開幕当初からトップラス麻雀が続いていたが、11月になって上り調子に。

一時は100ptを超えて個人成績も好位置につけていたが、12月はトップ無しで4着が4回。

少々辛い状況で年末を迎えることとなっている。

瀬戸熊の特徴といえば、なんといっても上がりに向かって猛進する真っ直ぐな手順だ。

 

11月1日㈭ 第2試合

親の松本のリーチに対し、自分もドラ3の勝負手。

目にも止まらぬ速さでをツモ切っていく。もちろん無筋だ。

更にをチーして満貫のテンパイを取ると、もゴリッとプッシュ。

当然ながら無筋である。しかもドラ跨ぎ。

続くもノータイムでスパーンと切り飛ばす。実に気持ちの良い押しっぷりである。

このように、勝負に行くと決めたらどんなに危険と思える牌でも押し通す。

それが瀬戸熊直樹の麻雀である。

正直なところ、瀬戸熊が赤アリ麻雀をどう戦っていくのか、開幕前は想像がつかなかった。

腰の重い雀風なので、スピードでついていけないのでは、という意見もあった。

しかし、現在はそのイメージを見事に払拭している。元々の豪快な攻撃の中に上手く緩急を取り入れ、赤入りのルールに適応させて戦っている印象だ。

画像は勝又の仕掛けに対応してスピードを合わせに行った場面。

対子のを落として2000点の喰いタンに向かっている。

A1リーグやRTDリーグではなかなか見られない仕掛けだ。

別の半荘では、満貫の見えるこの手牌でも、ポンから仕掛けていく場面もあった。

この手材料で3900を狙いに行く瀬戸熊も、視聴者には新鮮に映ったのではないだろうか。

このように鳴きも取り入れ、オールラウンドな打ち筋を見せてくれた瀬戸熊だが、もちろん雷電の信条「魅せる麻雀」も忘れていない。

視聴者を沸かせるアガリもしっかりと魅せてくれた。

 

11月15日 第1試合

この試合の時点で雷電は最下位で、なんとしても連対が必要なところ。

しかし瀬戸熊はなかなかチャンスをつかめず、ついにオーラスまで来てしまった。

オーラス、満貫ツモで2着に浮上できる状況。

ドラがのため、123または234の三色を見てあたりから切り出しそうだが…

瀬戸熊の選択は234の三色に絞る打

まるで答えを知っているかのようにドラを切り飛ばした。

そして着々と手を進め、あっという間に高めタンピン三色のリーチがかかる。

バチン!と卓上にイナズマが走った。

高めを一発でツモり、裏も乗せて完璧な4000-8000。

この日を境に雷電は急浮上し、最下位を抜け出すどころかプラスにまで返り咲いた。

きっかけは間違いなくこの瀬戸熊の一発ツモだ。

点数としては素点16pt+順位点20ptで36pt分のアガリだが、私には少なくとも60pt分、いやそれ以上に価値のあるアガリだったように思える。

また、近藤とのツモり合戦になった四暗刻テンパイも記憶に新しい。

12月20日㈭の第2試合オーラス

索子染めの近藤に対して索子から切り出していく。

真っ向勝負を仕掛け、刻子手に決め打ってトップを狙う構えだ。

慎重に重なりそうな牌を探し続け…

12巡目にを重ねてテンパイまでこぎつけた。

ヤミテンで前原から直撃すればトップだが、瀬戸熊は正々堂々とリーチに行った。

やはり役満は自分の手でツモりたかったのだろう。

結果は、壮絶なめくり合いの末に近藤が6000オールをツモ。

アガリにはならなかったが、瀬戸熊の凄まじいほどの迫力が伝わった一局となった。

ここまで面前と鳴きを上手く合わせつつ、魅せる手作りと粘り強い勝ち方で、まさにオールラウンドな暴君と化している瀬戸熊。

12月こそ振るわなかったが、年明けにはしっかりと調整してまた力強い麻雀を見せてくれることだろう。2019年の雷電も目が離せない。

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV