園田賢、上り調子の個人2連勝!! 赤坂ドリブンズ、足切り戦線から離脱成功!?

園田賢、

上り調子の個人2連勝!!

赤坂ドリブンズ、

足切り戦線から離脱成功!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕60日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。序盤からリードを奪った園田は、2番手の朝倉を南場で直撃してトップでゴールイン。園田は個人2連勝で、ドリブンズは足切りラインからいったん遠ざかった。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹U-NEXT Pirates朝倉康心セガサミーフェニックス近藤誠一、そして園田の4名。

流局で迎えた東1局1本場、西家・園田は悪配牌を育てて高めチャンタ待ちでリーチをかけて、見事高めをツモアガリ。まずは園田が先行する。

園田に待ったをかけたのが朝倉。東2局の親番で、8巡目にをポンしてホンイツのテンパイ。これにチートイツ・ドラ単騎待ちでテンパイしていた二階堂が飛び込んで7700点。園田と朝倉のマッチレースとなる。

東3局1本場、親の園田がとポンして単騎待ちのトイトイのテンパイ。そこへ西家の近藤からドラ2・赤1のタンヤオ待ちのリーチが入るが、園田は近藤からを討ち取って7700点。朝倉を突き放す。

勝敗を決したのは南1局1本場。親の近藤がドラ2のイーシャンテンで自風のをアンカン。リンシャン牌をツモ切ると、朝倉がチーして高め567サンショクタンヤオ・ドラ1のテンパイ。…が朝倉がテンパイ打牌のが、園田のカンチャン待ちに命中。新ドラが2枚乗って、ドラ2・赤1の8000点。この2着目からの直撃が効いて、園田が逃げ切りトップ。個人2連勝となった。

園田はインタビューで、

「なんか今日はメチャクチャ手が入って、楽しかったです(笑)。新年明けたくらいのときは、チームも個人もポイントがヤバいことになっていたので、これは2年連続最下位の可能性があるかなって思ってたんですけど、だいぶ気持ちが楽になったかなぁって感じですね」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 4万5300点/+65.3
2着 朝倉康心・パイレーツ 2万9900点/+9.9
3着 近藤誠一・フェニックス 2万800点/▲19.2
4着 二階堂亜樹・風林火山 4000点/▲56.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +465.7(60/90)
2位 EX風林火山 +304.1(60/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 63.8(60/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲19.5(60/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲61.3(60/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲129.9(60/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲267.9(60/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲355.0(60/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsPirates vsフェニックスvsドリブンズ」

詳細情報
EX風林火山vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月19日の対戦はEX風林火山vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
実況:小林未沙
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!