「少牌」「裏ドラ」の存在を有名にする男…我こそは滝沢和典【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗

熱論!Mリーグ【Thu】

「少牌」「裏ドラ」の

存在を有名にする男…

我こそは滝沢和典

文・阿部柊太朗【木曜担当ライター】2018年11月22日

実況「選手の入場です。EX風林火山より滝沢和典選手。」

阿部「いつ見てもカッコいいなあ。」

実況「21人中、ただ一人裏ドラが乗っていないにも関わらず…。」

阿部「は?」

実況「個人成績は第5位。」

阿部「は???」

想像できるだろうか。

12半荘、143局。

裏ドラが一枚も乗らない姿を――。

 

 

開局、親番の滝沢はドラのカン待ちで先制リーチをかける。

13巡目だが、は山に2枚残り。

幸先よくツモ。

しかし裏ドラは乗らない。

連荘した親番、3巡目に鈴木たろうからリーチがかかる。

「このくらい許してよ」と切ったにロンの声。

リーチ、、赤….

裏。

8,000点の放銃。

南場の親番、鈴木たろうの先制リーチを受けるがドラドラで押し返したい手牌。

は既に2枚切れている。

素直に両面×2のイーシャンテンに取る打かと思われたが、滝沢の選択は打

この時、も自分の目から5枚見え。

ならばと、のノーチャンスを利用してと押し返すルート。

この選択がピタッとハマる。

たろうの当たり牌であったを使い切って、12,000点のアガり。

しかし裏ドラは見れない。

メンゼンのアガりじゃないから当然だろ?って

いや、この日の滝沢はこんなもんじゃなかった。

8巡目に先制のリーチ。

脳内はまさに!の大合唱であろう。

出る、

滝沢「ロン!ロン!その8sロン!さてさて裏ドラが…」

前原「その裏ドラ、見る資格なし。」

滝沢「なんだと!?」

前原「御無礼、頭ハネだ。」

仕上がっている滝沢クラス、メンゼンでリーチをかけて当たり牌が出ても裏ドラを見せてはもらえない。

3巡目に先制のリーチ。

待ち牌のは山に5枚残り。

そうなると考えることは一つであろう。

「乗るか?乗らないか?」

この手を2,600オールに仕上げればトップが大きく見えてくる。

牌の被りが無いピンフ系の手牌なら裏ドラの期待も高まる。

まぁ乗らないのだが。

裏ドラこそ乗らないものの、トップ目で南3局を迎える。

しかしここから

茅森「ロン、8,000。」

前原「ツモ、3,000・6,000」

と二人にまくられ3着でフィニッシュ。

さて、ここからが本題。

滝沢に裏ドラが乗っていないことは、果たしてツイてないと言えるのだろうか?

別の半荘、滝沢はこのテンパイをダマテンとして手変わりを待った。

この手に限らず、滝沢はダマテンを選択する傾向が多く見受けられる。

ダマテンの是非を問うわけではない。

宝くじは買わないと当たらないように、抽選を受けるためには選択が必要なのだ。

マリーアントワネットは晩年に

「裏ドラを乗せたいならリーチをかければいいじゃない」

と言い残したと伝えられている。

大事なのはツイているツイていないではなく、抽選を受けるか受けないかにある。

滝沢は変化を重視。今よりもより良い抽選を受けるために、今回の抽選は見送った。

結果はすぐにツモって500・1,000

即リーチを選択して、抽選を受けている人なら裏ドラが乗っていたかもしれない。

滝沢は、その未来を追うよりも

この未来を追った方が得だと判断したまでである。

アントワネット「裏ドラを乗せたいならリーチをかければいいじゃない」

タッキー「裏ドラを乗せたいわけじゃない。勝ちたいんです。」

ツイてないよね?と問われればその答えは間違いなくYesだ。

しかし、極上の滝沢手牌クッキングのレシピに、裏ドラは載っていないのかもしれない。

 

阿部柊太朗

最高位戦日本プロ麻雀協会所属。オンライン麻雀「天鳳」の牌譜機能を駆使した超緻密な観戦記が話題に。ブレイク間近の若手プロ雀士。

(C)AbemaTV

【関連記事】
“ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」