インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲

熱論!週刊Mリーグ

インチキ観戦記者にライバル出現
その名は『熱闘!Mリーグ』!

文:グレート巨砲【担当ライター】2018年11月5日~11月11日

気がつけば日本プロ麻雀連盟でFocusMというMリーグに照準を合わせたプロたちによる対局番組が始まってました。

Mリーグが始まったときに頑張った人への御褒美的な意味も含めて春のセンバツ甲子園みたいなものと書いたけど、どうやらもうひとつふたつスケールが大きかったようです。
全麻雀プロが麻雀界のさらなる発展のために、団体という垣根を超えて協力する宇宙ステーションのような場所、

それがMリーグ

もちろん誰もが宇宙飛行士になれないように地上勤務も大勢います。そんな彼らの気持ちも背負って打ってるからMリーグはおもしろいんでしょう。今回はそんなMリーガーたちの宇宙での活動をマルッと紹介する番組『熱闘!Mリーグ』について考えてみました。

ちなみに視聴するのは今回が初めて。というのも金曜日を担当していた頃は麻雀牌が1枚も出てこないインチキ観戦記だからこそ、その日、起こった出来事だけで原稿を書かないと他の観戦記者に申し訳ないという気持ちがあったのです。対局についてほとんど触れないからといって、違う曜日の情報を入れるのって何かズルいじゃん。そう、こう見えてもオデはワシントンもびっくりの正直スピリットの持ち主なのだ。おまえは桜の木ではなく、筆を折れとは言わない約束。

 さて、感想はというと一週間の試合をダイジェストで見せてくれる上に順位の変動も丸分かりなので、まず便利。……平凡にも程がある感想だが、美人は美人と表現するしかないのと同じです。 特に麻雀風呂に肩までどっぷりつかってないライトユーザーにはお勧めかと。

実は巨砲選手、どんなプログラムなのかはツイッター等の情報で何となく知っていたため、この番組の持ち味がもっとも生きる(と思われる)カタチで視聴しようと考え、今週はあえて2日しか対局を見ない(ホントは全部見ないつもりだったけど、ツイッターのタイムラインで誰が〇〇したって情報が狂った果実のようにあがってくるんだもん)という血の一滴もにじまない努力をしていたのだが……おかげで松本清張もびっくり、点が線につながりました

ただ、ここからが大事なポイント。犯人がわかっただけでは気分的にちょっと物足りないのです。10何時間の対局を25分くらいにまとめる以上、切らざるを得なかったシーンの方が圧倒的に多いので当然といえば当然の感想。こっちは動機もトリックも教えてほしいのに痒いところまでは手が届かない。その結果、来週は全試合ちゃんと見ることを決意してしまう。そんな脅威のメカニズムがあの番組にはあるんですよ。

 以前、映画雑誌の編集者に「原作つきの映画って見た人をおなかいっぱいにするだけではダメで、余韻で原作を読んでみようと思わせるのが理想なんです」って言われたけど、それを思い出しました。つまりMリーグとしては理想の番組。 余韻すごい。

番組を見て感じたことはもうひとつあって、それは絵を動かせる強さ。麻雀サイボーグの二つ名で呼ばれながらも案外、表情が豊かなゲストの小林プロに対して「色んな表情を集めた特集をしようて話もスタッフの間で出てるんですよ」とタレントのじゃいさんが言った瞬間、オデはハッとしました。

小林プロの『オッ?』とか『うん?』という表情はすでに他の方の観戦記でも取り上げられてるけど、テレビが本気になったらどうでしょう。アド街ック天国でその街の美女を紹介するコーナーがあったじゃないですか。あの音楽に乗せて小林プロの表情がドンドン変わっていくわけですよ。そして来週は村上プロですって。そりゃ見ちゃうよ。うん。つまりちょっと本筋とはハズれた企画をやるとなったら、インパクトのある絵を作れる分、あっちが圧倒的に有利なんですよ。おまえは誰と勝負してるんだって話だけど、それをワハハと鼻クソをホジホジしながら眺めていたのではこっちはおまんまの食い上げ。巨砲選手のようなインチキ観戦記者にデキることはただひとつ。とにかく先手を取ること。

それが信玄餅の製造元に電話することではないとは思うけど、とにかく相手がまだやってないことをやらないとダメだと決意した次第。Mリーガーも戦ってるけどオデも戦っているのだ。

というわけでなりふりかまっていられない巨砲選手は昨日からツイッターでどこのユニフォームがカッコいいかを絶賛アンケート中。おかげさまで現時点で自分が人気者になったと錯覚するくらいの回答が集まっているのですが、みなさんのさらなる仏心を期待しています。なにとぞ、なにとぞ。

※写真はイメージです(キンマweb編集部)

グレート巨砲(おおづつ)

パチンコ必勝ガイド、近代麻雀、Numberほか様々なジャンルで執筆する人気ライター。
著者に「麻雀あるある」(竹書房刊)「熱論!Mリーグ」では金曜日の試合を担当。

【関連記事】
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」

この記事のタイトルとURLをコピーする