二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Fri】

二階堂亜樹の光と影

“打者一巡”した

Mリーガーたちの変化

文・masasio【遊軍ライター】2018年11月2日

日程の1/4を消化して、いよいよ中盤に差し掛かってきたMリーグ。

一時はABEMASの独走かと思われたが、最下位だった麻雀格闘倶楽部の頑張りもあり、上が詰まってきた。

各選手様々な打ち筋を見せてくれているが、ルールやメンツに応じて徐々に打ち筋を変えてくるころだろう。

野球でいうところの

「打者1巡してさあここから」

ということだ。

毎日目まぐるしく順位が入れ替わり、ファンの皆様は一喜一憂の日々だろうが、順位だけではなく、各選手の打ち筋の変化にも目を向けていくとより楽しく見ることができるのではないだろうか。

 

本日は2位、3位、4位、6位の対決。

好調パイレーツ、風林火山と、苦しいながらもなんとか食らいついているフェニックス、ドリブンズという組み合わせ。

特にパイレーツは首位ABEMASの背中がもうそこまで見えている。

まだまだ先は長いが、やはり順位は一つでも上の方がよいに決まっている。

はやく首位に立って独走態勢を築きたいところだ。

 

1回戦

「亜樹の光と影」

 

 

対戦相手はこちら。

亜樹、近藤、村上の3人はポイントプラスだが、石橋だけがポイントマイナス。

チームは好調だが、石橋本人はいまいちピリッとしない。

ここでトップを取れば、個人もチームも一気に勢いがつきそうだ。

「よろしくお願いします!!」ひときわ大きな村上のあいさつを合図に、亜樹起家でゲームスタート。

1

近藤が好配牌を効率通りに進めてリーチ!

 

で高め三色のリーチ。

近藤は効率から外れた一打を見せることが多いが、ここは基本に忠実に手を進めてきた。

リーチを受けた親の亜樹

 

さあ困った。

 

あ、この顔見たことある。

この顔は・・・?

を切らずに通っているを切って放銃を回避。

リーチの近藤の捨て牌がツモ切りの後手からを切ってリーチ。

はかなり危険だが、親のこの手なら勝負する選手もいそうなところ。

ノーテンからは切れないが、テンパイなら勝負ということだろう。

すぐに近藤が安めのをツモ。

亜樹としては助かった形だ。早速守備力で魅せる。

 

2

また近藤。