セレブ #黒沢咲 は高い手をアガりたい! ~剛腕達の麻雀乱打戦~【Mリーグ2023-24観戦記 2/15】担当記者 #後藤哲冶

セレブ黒沢咲
高い手をアガりたい!
~剛腕達の麻雀乱打戦~

文・後藤哲冶【木担当ライター】2024年2月15日

麻雀とは、戦である。

そして黒沢咲は、セレブである。

黒沢はメンゼンっででの麻雀を好み、高打点を連発するその姿は、今までもファンを魅了してきた。

しかし今シーズンは、なかなか高打点リーチが決まらず、個人ポイントもマイナスで低迷している。

今日の対戦相手には、剛腕鈴木大介と、強気なベルセルク高宮、そしてもはや一部ではMリーガーナンバーワンプレーヤーとも呼び声高い仲林と強敵揃い。

それでも、このセミファイナル進出争いも加速する後半戦。
黒沢咲の復活が、雷電には必須なのである!

2月15日 第2試合

東家 高宮まり (KONAMI麻雀格闘倶楽部
南家 黒沢咲  (TEAM雷電
西家 鈴木大介 (BeastJapanext)
北家 仲林圭  (U-NEXT Pirates

剛腕が揃った第2試合だったが、序盤は意外な展開を見せる。

先手をとったのは黒沢だった。
ドラ表示牌のカン【2マン】待ちと待ちこそ心許ないが、ドラを2枚使った先制リーチ。
実はこの【2マン】が、ドラ表示に捲れている1枚以外全てが山に眠っていた。

そこに大介が、【9マン】を引いてなんと【6マン】切り。
【9マン】は現物であるのにも関わらず、三色にこだわって【6マン】を打つのはなんとも大介らしい。
単純な【3マン】【6マン】待ちであれば、ドラが【3マン】なため、安目であるということも大きかったか。
こうしておくことで――

このカン【8ピン】を仕掛けられる。
【5ピン】を切って、カン【8ソウ】のテンパイ。

これを、ドラ3でアガりに来た親の高宮から捉える。2000点のアガリ。
黒沢のリーチと、高宮の親番を蹴る事に成功。

東2局【1ピン】単騎のチートイツリーチを敢行した仲林が、高宮からアガリを取る。
3200のアガリ。
ここまでどちらも、比較的低打点で局が進行している。

だがもちろん、この剛腕達はこのまま低打点の戦い、とはいかなかった。

東3局。この局の黒沢の手順に注目だ。

2巡目、黒沢はこの手形から――

【南】
【2マン】あたりを切るプレーヤーが多そうだが、黒沢が目指すのはタンヤオピンフ系。
まだ2巡目だからこそ、ドラも絡めば満貫から跳満まである高打点ルートを目指す。

5巡目。順調にタンヤオ牌が集まって来たところで、来る【8ピン】
リャンメンターツができたが、いわゆるターツオーバーの形。
麻雀に必要なのは4メンツ1雀頭なのだが、手牌の中にその要素が溢れてしまっている状態だ。
頭は1つで良いので、対子をほぐす、【4ピン】切りや【6ソウ】切りなんかも選択肢にはありそうだが――

黒沢は【7ピン】切り。
南を切った時から決めていた。この手はタンヤオ系に仕上げると。
だからこそ、【9ピン】ツモは元からいらず、【6ピン】だけはロスになるが、イーペーコー等の手役を見た形だ。

黒沢が魅せれば、大介も魅せる。
カン【2マン】を引いて【5ピン】【5マン】を切ればイーシャンテンだったが、大介は打【6マン】でリャンシャンテン戻し。
ドラが出ていく【6マン】頭の形を拒否し、【5ピン】からより良い形でのリーチを目指した。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/