白鳥翔、萩原聖人との競り合いに勝利!! ABEMAS、首位浮上!!【Mリーグ2022-23 / ファイナル 】

白鳥翔、萩原聖人との

競り合いに勝利!!

ABEMAS、首位浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2022-23 ファイナル」の3日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。序盤にリードした萩原を、中盤で捉えた白鳥が逃げ切り勝利。白鳥はファイナル初登板で初勝利。ABEMASは風林火山をかわして首位に立った。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人、そして白鳥の4名。

萩原のリードで迎えた東4局。【7マン】をポンした南家の白鳥が自風の【南】をアンコにして5巡目でテンパイ。【發】とドラの【3ピン】のシャンポン待ち。次巡あっさりと【3ピン】をツモアガリ。2000・4000で白鳥、2番手に浮上。

続く南1局、親番の白鳥は9巡目に先制リーチ。ピンフ・ドラ1の【2マン】【5マン】待ち。2巡後に【2マン】をツモって2600オール。これで萩原をかわして白鳥がトップ目に。

南3局、萩原がマンガンをツモって白鳥と400点差にまで詰め寄るが、オーラスは白鳥が2つ仕掛けての喰いタンヤオ・赤1の2000点をアガって決着。

ファイナル初登板の白鳥が、ABEMASを首位に押し上げた。

白鳥はインタビューで、

「まだまだファイナルは続きます、というのとあと1個ちょっと区切りで、セミファイナルの終盤が面白すぎてファイナルが盛り上がるのかどうか?みたいな心配を勝手にしてたんですけど、必ず選手全員めちゃくちゃ気合い入れて16人しっかり打って、盛り上げますのでぜひこれからもどこのチームでもいいんで、Mリーグの応援よろしくお願いします」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万6300点/+56.3
2着 萩原聖人・雷電 3万1900点/+11.9
3着 勝又健志・風林火山 1万8300点/▲21.7
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 1万3500点/▲46.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +174.3(5/16)
2位 EX風林火山 +127.9(5/16)
3位 TEAM RAIDEN / 雷電 +75.9(5/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +73.7(5/16)

朝日新聞 Mリーグ2022-23 ファイナルシリーズ3日目 

詳細情報

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:鈴木優仲林圭
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞 Mリーグ2022-23 ファイナルシリーズ3日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/