軍師・勝又健志が生み出した三つ巴 混迷を極める優勝争いの結末を見逃すな【Mリーグ2020ファイナル観戦記5/17】担当記者:東川亮

軍師・勝又健志が

生み出した三つ巴 

混迷を極める優勝争いの

結末を見逃すな

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年5月17日

朝日新聞Mリーグ2020、ファイナルシリーズ。

この戦いが始まった一週間前は、大半の方が渋谷ABEMASKADOKAWAサクラナイツの直接対決を想像していたと思う。

それは、EX風林火山がファイナル初日に連勝してもなお、変わらなかったのではないだろうか。

一週間後、状況は一変していた

5/17の第1回戦で、勝又健志がトップを獲得。

これで自身ファイナル3勝目、チームとしては9戦5勝という驚異的なチャージをかけてきたのである。

もし、連闘で第2回戦に登場した勝又が連勝するようなことがあれば、優勝争いに本格参戦となる。

もちろん、他の3チームがそれをやすやすと許すはずがない。

5月17日 第2回戦

東家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

南家:多井隆晴渋谷ABEMAS

西家:勝又健志EX風林火山

北家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ 

東1局は多井が仕掛けで主導権を取る。

【9ソウ】ポンからソーズのホンイツに向かうと、

【發】のポンをへて【2ソウ】【5ソウ】待ちテンパイ。

だが、そこに勝又が【4ソウ】【7ソウ】待ちでリーチをかけてくる。

多井のロン牌【5ソウ】は勝又の現物であり、堀から出てもおかしくない形だったが、【4ソウ】引きで迂回ルートができた。

【東】生牌だが自身で2枚持ち、放銃の可能性は低いと見てプッシュ。

 

結果は多井が【7ソウ】を掴んで放銃。

この日の初戦を制した勝又が、この試合でもスタートダッシュを決める。

 

さらに次局は【5ピン】【8ピン】のノベタン待ちテンパイを入れていた勝又に対し、【4ソウ】【7ソウ】待ちリーチをかけた多井が高目のドラ【8ピン】を掴んでしまう。

勝又同様に連闘だった多井だが、この日は初戦から通じて牌の巡り合わせが悪い。

8000点の放銃で、大きなラス目へと叩き落とされてしまった。

南1局1本場、勝又はドラドラ赤で打点のチャンス手。

ピンズが寄ってくる中、

多井の切った【5マン】をカンチャンで鳴き、

【4ピン】【7ピン】待ちテンパイ。

直後、堀の手に【4ピン】

ドラ周りを使うなら不要な牌だ。

勝又は【8ピン】【6ピン】と手出ししており、

【5ピン】【6ピン】【6ピン】【8ピン】からの切り出しで

【4ピン】【7ピン】が当たるパターンがあるが、

その間に【2マン】を挟んでいる。

【2マン】【4マン】【6マン】【5ピン】【6ピン】【6ピン】だと、

先に【6ピン】を切っていそう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!