二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】

そして次の巡目で急所のを引き入れて、今度はさすがにを切る。

近藤はチーしてテンパイ。

またしても亜樹

 

下家の近藤がをチーしているところ。

役牌は全て切れているのでチンイツが濃厚だろう。

ソーズはまだ余っていないので、テンパイしてないことも多そうだ。

今度こそ先にを切るかと思ったが・・・

切らない。

亜樹の方針は、

「テンパイなら勝負、ノーテンなら切らない」

で徹底している。

結局次巡をチーしてチンイツテンパイ。

すぐにツモアガった。

もし先にを切っていたら、

「親のあの捨て牌にを切るとは何事だ」

と警戒されてが切られないこともあるだろう。

東1局に続いて、亜樹の丁寧さが光る。

対する近藤はいまいち乗り切れない

 

3

ここまで出番のなかった石橋が

ダブポンで仕掛ける。

をポンしてテンパイ。

 

赤、ドラで12000!

対する亜樹

 

テンパイ。

しかも赤。

確か亜樹の方針は「テンパイなら勝負」ということは、

ここは勝負・・・

せず。

親の仕掛けにピンズが危険ということで

を切って回った。

テンパイでも切れないものは切らない。

 

4

前局12000テンパイしながら、近藤に8000放銃になってしまった石橋。

カンチー、ポンと、遠いところからだが積極的に仕掛ける。

 

そして自風のが重なってイーシャンテン。

ここでドラのを切るのが自然だが、

切り。

これが石橋らしいところで、効率で考えると

のロスは大きいのだが、ここでドラを切ってしまうと周りからなめられてしまう。

また、を引いたところで2000点。もしうまくが重なればもうけものだ。

こういう遠い仕掛けをするときには是非覚えておきたい手筋だ。

注文にハマったのが亜樹。

 今赤を引いたところ。

さえ切れれば、絶好ののテンパイだった。

亜樹の方針は「テンパイなら勝負」

まして自分はトップ目。は切りきれる牌ではなかった。

結局、この仕掛けに全員がオリて石橋悠々一人テンパイ。

石橋らしい見事な仕掛けだった。

亜樹はアガリを逃してしまったが、本人も納得だろう。

亜樹。ぶれない。

 

3

ここまで完璧なゲーム回しを見せてきた亜樹だが、少しほころびを見せる。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!